News > アップルがアップデート時の不具合を修正した『watchOS 5.1.1』をリリース

スポンサーリンク

アップルがアップデート時の不具合を修正した『watchOS 5.1.1』をリリース

アップルが、複数のバグの修正を含んだApple Watch向けの最新アップデート『watchOS 5.1.1』をリリースしています。

アップルが先日リリースした『watchOS 5.1』は、アップデート時にApple Watchが動かなくなる問題が発生する可能性があるとして一時配信が停止されていましたが、『watchOS 5.1.1』ではその問題も修正されています。

watchOS 5.1.1

watchOS 5.1.1 での修正点

・ Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。

・ 一部のユーザで、"トランシーバー"Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。

・ 一部のユーザが"トランシーバー"で、参加依頼を送信または受信できない問題を解決しました。

・ 一部のユーザの"アクティビティ"Appで、過去に獲得したアクティビティーバッジの一部が“バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。

アップデート対象

「watchOS 5」は『Apple Watch Series 1』以降が対象です。第1世代のApple Watchでは利用できません。

アップデート方法

Apple WatchのOSのアップデートは、Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」からアップデートを開始することができます。

なお、アップデートをインストールするには、Apple Watchが下記の条件を満たしている必要があります。

・ Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
・ 50%以上充電されている

Apple WatchのOSのアップデート方法について詳しくは「Apple Watchのソフトウェア(OS)をアップデートする」をご覧ください。

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV