iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneのSafariでログイン情報(ID/パスワード)を保存・自動入力する

スポンサーリンク

iPhoneのSafariでログイン情報(ID/パスワード)を保存・自動入力する

ここではiPhoneのSafariでログイン情報(ID/パスワード)を保存・自動入力する方法を紹介しています。

iPhoneの「Safari」でWebサイトにログイン時にユーザID/パスワードをiPhoneに保存しておくことで、次回以降のログイン時に入力を省略(自動的に入力)することができます。

なお、自動入力を利用する際にはiPhoneでパスコードを必ず設定してください。保存したログイン情報を表示・編集・削除する際にパスコードの入力が必要となり、安全性を高めることができます。

目次:
SafariでWebサイトのユーザID/パスワードを保存する
SafariでWebサイトのユーザID/パスワードを自動入力する
保存しているユーザID/パスワードを確認・編集・削除する
iCloudで他デバイスとユーザID/パスワードを共有する
サードパーティ製アプリからユーザID/パスワードを自動入力する

SafariでWebサイトのユーザID/パスワードを保存する

iPhoneの「Safari」でWebサイトにログインする際に、ログイン情報(ユーザID/パスワード)を保存しておくことで、次回以降入力を省略することができます。

1. iPhoneの設定画面で「パスワードを自動入力」をオンにする

iPhoneの「設定」アプリで「パスワードとアカウント」を選択します。「パスワードを自動入力」をオンにすることで、 SafariでWebサイトにログイン時にユーザID/パスワードを保存・自動入力できるようになります。

iPhoneの設定アプリを起動する
1. 「設定」をタップします
iPhoneのパスワードとアカウント設定を選択する
2. 「パスワードとアカウント」をタップします
iPhoneのSafariで自動入力を有効にする
3. 「パスワードを自動入力」をオンにします

2. 「Safari」でWebサイトにログイン時に「パスワードを保存」を選択する

iPhoneの「Safari」アプリでWebサイトにログインするとメッセージ画面を表示されるので「パスワードを保存」を選択することで、そのWebサイトのログイン情報(ユーザID/パスワード)が保存されます。

ログイン情報を保存したくないWebサイトの場合は「このWebサイトでは保存しない」を選択、今回は保存しない場合は「今はしない」を選択すると、ログイン情報は保存されません。

iPhoneのSafariで左端からスワイプする
1. Safariを起動します
iPhoneのSafariでスワイプ操作で前のページに移動する
2. Webサイトにログインします
iPhoneのSafariで画面スワイプで前のWebページに戻る
3. 「パスワードを保存」を選択します

「設定」アプリからログイン情報(ユーザID/パスワード)を保存する

iPhoneの「パスワードとアカウント」設定画面から「WebサイトとAppのパスワード」を選択し、パスワード画面から任意のWebサイトのログイン情報を登録・保存することもできます。

パスワード画面で「+」をタップし、WebサイトのURL/ユーザID/パスワードをそれぞれ入力し「完了」をタップすることで、任意のWebサイトのログイン情報を保存できます。

WebサイトとAppのパスワード
1. 「WebサイトとAppのパスワード」をタップします
iPhoneでWebサイトのパスワードを保存する
2. 「+」アイコンをタップします
iPhoneのSafariでパスワードを追加する
3. Webサイトのログイン情報を追加します

SafariでWebサイトのユーザID/パスワードを自動入力する

iPhoneで「Safari」でログイン情報を保存済みのWebサイトにアクセスします。ユーザID/パスワード入力をタップすると、キーボード上にWebサイトのログイン情報が表示されるので、タップすることでユーザIDとパスワードを自動入力できます。

iPhoneでSafariを起動する
1. 画面左端から右にスワイプします
iPhoneのSafariでID/パスワードを自動入力する
2. キーボード上のログイン情報をタップします
iPhoneのSafariでWebサイトに自動ログインする
3. ユーザIDとパスワードが自動入力されログインできます

保存しているユーザID/パスワードを確認・編集・削除する

iPhoneの「Safari」で保存したWebサイトのログイン情報(ユーザID/パスワード)は、iPhoneの「設定」アプリの「パスワードとアカウント」から「WebサイトとAppのパスワード」を選択することで一覧表示することができます。

* iPhoneでパスコードを設定している場合は、パスコードの入力または「Touch ID/Face ID」での認証が必要になります。

iPhoneのSafariで左端からスワイプする
1. 「設定」をタップします
iPhoneのSafariでスワイプ操作で前のページに移動する
2. 「パスワードとアカウント」をタップします
iPhoneのSafariで画面スワイプで前のWebページに戻る
3. 「WebサイトとAppのパスワード」をタップします

WebサイトのユーザID/パスワードを確認・編集する

パスワード一覧画面から任意のWebサイトを選択することで、iPhoneで保存しているログイン情報(ユーザID/パスワード)を表示できます。

ログイン情報を変更したい場合は「編集」をタップして、編集画面で内容を変更してから「完了」をタップします。

iPhoneでログイン情報(パスワード)を保存しているWebサイトを一覧表示する
1. 一覧から任意のWebサイトを選択します
iPhoneで保存しているWebサイトのパスワードを削除する
2. ログイン情報を変更するには「編集」をタップします
iPhoneのSafariで保存しているWebサイトのログイン情報を削除する
3. ログイン情報を変更して「完了」をタップします

WebサイトのユーザID/パスワードを削除する

パスワード一覧画面から「編集」をタップし、削除したいWebサイトにチェックした後、画面左上の「削除」をタップすることで保存しているWebサイトのログイン情報(ユーザID/パスワード)を削除することができます。

iPhoneのSafariで左端からスワイプする
1. パスワード画面で「編集」をタップします
iPhoneのSafariでスワイプ操作で前のページに移動する
2. ログイン情報を削除したいWebサイトにチェックします
iPhoneのSafariで画面スワイプで前のWebページに戻る
3. 「削除」をタップするとログイン情報を削除できます

iCloudで他デバイスとユーザID/パスワードを共有する

iPhoneの「Safari」で保存したWebサイトのログイン情報(ユーザID/パスワード)を、同じApple IDでログインしている他のデバイスと共有します。

1. iPhoneで「iCloud」の設定画面を表示する

iPhoneの「設定」アプリで、アカウント画面から「iCloud」を選択します。

* iPhoneでサインインしていない場合は「iPhoneにサインイン」をタップして「Apple ID」と「パスワード」を入力してサインインします。

iPhoneで設定をタップする
1. 「設定」をタップします
iPhoneにサインインする
2. アカウントをタップします
iPhoneでiCloud設定画面を表示する
3. 「iCloud」をタップします

2. 「iCloudキーチェーン」をオンにしてログイン情報を共有する

iCloud設定画面で「キーチェーン」を選択して「iCloudキーチェーン」をオンにします。iCloudキーチェーンにより同じApple IDでサインインしているiOSデバイスやMacなどと、Webサイトのログイン情報を共有することができます。

iPhoneでiCloudキーチェーンの設定画面を表示する
1. 「キーチェーン」をタップします
iPhoneでiCloudキーチェーンを有効にする
2. 「iCloudキーチェーン」をオンにします
iPhoneのiCloudキーチェーンでパスワードを共有する
3. Webサイトのパスワードなどが他デバイスと共有されます

他デバイスとユーザID/パスワードの共有を停止する

「iCloudキーチェーン」による他デバイスとのログイン情報(ユーザID/パスワード)の共有を停止したい場合は、iPhoneのiCloud設定画面で「iCloudキーチェーン」をオフにします。

その際、Webサイトのログイン情報をiPhoneに残したい場合は「iPhoneに残す」を選択、残さない場合は「iPhoneから削除」を選択します。

iPhoneのSafariで左端からスワイプする
1. iCloudキーチェーンをオフにします
iPhoneのSafariでスワイプ操作で前のページに移動する
2. ログイン情報を残すか削除するか選択します
iPhoneのSafariで画面スワイプで前のWebページに戻る
3. iCloudキーチェーンでのログイン情報の共有が停止します

サードパーティ製アプリからユーザID/パスワードを自動入力する

『iOS12』以降搭載のiPhoneでは、サードパーティー製のパスワード管理アプリに登録されているログイン情報(ユーザID/パスワード)を利用して「Safari」で自動入力することが可能です。

1Password

1Password - Password Manager

ジャンル: 仕事効率化

LastPass

LastPass Password Manager

ジャンル: 仕事効率化

パスワード管理アプリからの自動入力を許可する

iPhoneの「設定」アプリで「パスワードとアカウント」から「パスワードを自動入力」を選択し、入力許可欄で利用したいサードパーティー製のパスワード管理アプリにチェックします。

パスワードとアカウント
1. 「設定」から「パスワードとアカウント」を選択します
iPhoneのSafariでパスワード管理アプリからパスワードを自動入力する
2. 「パスワードを自動入力」をタップします
iPhoneでサードパーティー製のパスワード管理アプリを許可する
3. 利用したいパスワード管理アプリにチェックします

Safariでパスワード管理アプリから自動入力する

iPhoneにインストールしたサードパーティー製のパスワード管理アプリで、Webサイトのログイン情報(ユーザID/パスワード)を登録しておきます。

「Safari」アプリでWebサイトにログイン時にキーボード上のログイン情報をタップすることで、パスワード管理アプリに保存済みのユーザID/パスワードを自動入力することができます。

iPhoneでSafariを起動する
1. 「Safari」を起動します
iPhoneのSafariでパスワード管理アプリからIDとパスワードを自動入力する
2. ログイン時にキーボード上のログイン情報をタップします
iPhoneのSafariでサードパーティー製のパスワード管理アプリから自動入力する
3. パスワード管理アプリからログイン情報を自動入力できます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV