iPhone > iPhoneの使い方 > iPhone X/XS/XRでの「顔認証(Face ID)」の設定・登録方法と使い方

スポンサーリンク

iPhone X/XS/XRでの「顔認証(Face ID)」の設定・登録方法と使い方

ここではiPhone X/XS/XRでの「顔認証(Face ID)」の設定・登録方法と使い方を紹介しています。

iPhoneの顔認証機能「Face ID」を使用することで、ロック画面の解除やiTunes StoreやApp Stroreでの購入、Apple Payでの支払いをパスワードの代わりに顔認証で行うことが可能です。

「Face ID」で自分の顔を登録しておくことで、iPhoneのフロントカメラに自分の顔が映ると自動的に認証され、ロックの解除などが可能になります。なお、「Face ID」は一時的に無効にすることも可能となっています。

* 顔認証機能(Face ID)は「iPhone X」「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」で利用できます。「Face ID」の仕組みやセキュリティなどの詳細はアップルの公式サイトにて確認できます。

目次:
iPhone Xの「Face ID」で顔を登録する
iPhone Xのロックを顔認証(Face ID)で解除する
iPhone XのiTunes/App Storeで顔認証(Face ID)で購入する
iPhone Xの「Face ID」でアプリのパスコードロックを解除する
iPhone Xの「Face ID」を利用してSafariで自動入力する
iPhone Xの「Face ID」で2人目の顔を登録する
iPhone Xの「Face ID」を一時的に無効にする
iPhone Xの「Face ID」を無効にする

iPhone Xの「Face ID」で顔を登録する

iPhone Xで「顔認証(Face ID)」を設定します。「Face ID」を利用するには、パスコードをオンにする必要があります。

1. iPhone Xで「Face IDとパスコード」設定画面を表示する

iPhone Xのホーム画面から「設定」をタップします。一覧から「Face IDとパスコード」を選択して、「Face IDとパスコード」の設定画面を表示します。

* パスコードを設定済みの場合は、パスコードの入力が必要です。

iPhoneで設定をタップする
1. ホーム画面から「設定」をタップします
Face IDとパスワード
2. 「Face IDとパスコード」をタップします
iPhoneで顔認証(Face ID)の設定画面を表示する
3. 「Face IDとパスコード」の設定画面を表示します

2. iPhone Xでパスコードをオンにする

顔認証機能「Face ID」を設定するには、「パスコード」を設定する必要があります。「パスコードをオンにする」をタップしてパスコードを入力・設定します。

* Face IDを設定後も、パスコードの入力が必要な時があります。パスコードは絶対に忘れないようにしてください。

iPhone Xでパスコードをオンにする
1. 「パスコードをオンにする」をタップします
iPhone Xでパスコードを入力する
2. 設定したいパスコードを入力します
iPhone Xでパスコードが設定される
3. パスコードが設定されます

Face IDを設定中にパスコードが必要になる場合

・ iPhone Xを再起動した場合
・ iPhone Xが48時間以上ロック解除されていない場合
・ 6日半以上パスコードで&4時間以内にFace IDでiPhone Xのロック解除していない場合
・ iPhone Xがリモートでロックされた場合
・ 顔認証に5回失敗した場合
・ iPhone XでFace IDを一時的に無効にした場合

3. 「Face ID」の設定(顔の登録)を開始する

「Face ID」で顔を登録するには、「Face IDを設定」をタップします。画面上で「Face ID」での顔の登録方法が表示されるので確認し、「開始」をタップすることで設定を開始できます。画面上の枠内に顔を入るように調整し、円を描くように顔を動かして登録します。

Face IDを設定
1. 「Face IDを設定」をタップします
iPhone Xで「Face ID」の設定を開始する
2. 「開始」をタップして顔の登録を開始します
iPhone Xの「Face ID」で顔を登録する
3. 枠内で顔を円を描くように動かして登録します

4. 「Face ID」での顔の登録を完了する

顔のスキャンは2回行われます。「Face ID」が設定できたら「完了」をタップして設定画面を閉じます。

「Face IDとパスコード」画面の「Face IDを使用」欄から、顔認証を使用したい機能をオンにします。

iPhone Xの「Face ID」で顔をスキャンする
1. 顔のスキャンは2回行います
iPhone Xで「Face ID」の設定を完了する
2. Face IDの設定が完了したら「完了」をタップします
iPhone Xで「Face ID」を登録する
3. Face IDの認証を使用する機能を設定します

Face IDでの"注視"設定について

「Face IDとパスコード」画面からFace IDでの"注視"に関する設定を行うことができます。

■ Face IDを使用するには注視が必要

オンにしておくことで、目を開けてiPhoneの画面をしっかり見ていることをiPhoneが認識してからロックが解除されるので、セキュリティが高まります。

■ 画面注視認識機能

オンにしておくことで、iPhoneの画面を見ていると判断した場合は操作をしていなくても画面を自動的に暗くしたりせず、通知音やアラームの音量も小さくなります。

iPhone Xのロックを顔認証(Face ID)で解除する

「Face IDとパスコード」の設定画面で「iPhoneのロックを解除」をオンにすることで、顔認証(Face ID)でiPhoneのロック解除を行うことができます。

iPhone Xの画面をタップまたは手前に傾けてスリープを解除して、ロック画面を注視するとロックが解除されるます。画面下からスワイプすることでホーム画面を表示できます。

* 顔認証できない場合はパスコードの入力画面が表示されるので、パスコードを入力することで、Face IDを使用せずにパスコードでロック解除を行うことも可能です。

Face IDでiPhone Xのロックを解除する方法については「Face ID(顔認証)でiPhone Xのロックを解除する」をご覧下さい。

顔認証(Face ID)でiPhoneのロックを解除する
1. スリープを解除してロック画面を注視します
iPhoneのロック画面で顔認証する
2. ロックが解除されるので下からスワイプします
iPhoneの「Face ID」でロック解除する
3. ホーム画面を表示できます

iPhone XのiTunes/App Storeで顔認証(Face ID)で購入する

「Face IDとパスコード」の設定画面で「iTunes StoreとApp Store」をオンにすることで、顔認証(Face ID)でアプリや音楽・映画等の購入を行うことができます。

iPhone XのiTunes StoreやApp Storeの購入・支払い画面で「サイドボタン」をダブルクリックすることで、「Face ID」による顔認証で支払い・購入を完了することができます。

* 顔認証できない場合は、パスコードを入力することで「Face ID」を使用せずに支払い・購入を完了できます。

iPhone XのiTunes/App Storeで顔認証「Face ID」で購入する方法については「iPhone XのiTunes/App Storeで購入時にFace IDを使用する」をご覧下さい。

顔認証(Face ID)でアプリなどを購入する
1. アプリなどの購入画面を表示します
iPhone Xでサイドボタンのダブルクリックで支払いする
2. 「サイドボタン」をダブルクリックします
iPhoneの「Face ID」でアプリ等を購入する
3. Face IDの顔認証で支払い・購入できます

iPhone Xの「Face ID」でアプリのパスコードロックを解除する

iPhone Xの「Face ID」対応のアプリでは、パスコード設定画面などから「Face IDを使用」をオンにすることで、Face IDによる顔認証でパスコードロック解除やログインを行うことができます。

iPhone Xの「Face ID」でアプリのパスコードロックを解除する方法については「iPhone Xの「Face ID」でアプリのパスコードロックを解除する」をご覧下さい。

対応アプリで「Face IDを使用」をオンにする
1. 対応アプリで「Face IDを使用」をオンにします
iPhone XのアプリでFace IDの使用を許可すする
2. Face IDの利用を許可します
iPhoneの「Face ID」でアプリにログインする
3. Face IDの顔認証でロック解除などが可能になります

iPhone Xの「Face ID」を利用してSafariで自動入力する

「Face IDとパスコード」の設定画面で「Safari自動入力」をオンにすることで、Safariアプリでの自動入力時に顔認証(Face ID)での認証を行うことができます。

Safariアプリで閲覧しているWebサイト上で保存済みのユーザIDやパスワードを自動入力する際に「Face ID」による顔認証を必要とすることで、セキュリティを高めることができます。

iPhone Xの「Face ID」を利用してSafariで自動入力する方法については「iPhone Xの「Face ID」を利用してSafariでID/パスワードを自動入力する」をご覧下さい。

Safari自動入力
1. 「Safari自動入力」をオンにします
iPhone XのSafariで顔認証で自動入力する
2. 自動入力時にFace IDによる顔認証が必要になります
iPhone XのSafariで「Face ID」で自動入力する
3. 認証完了することでIDやパスワードを自動入力できます

iPhone Xの「Face ID」で2人目の顔を登録する

iOS12を搭載したiPhoneでは、自分以外の家族の顔など複数人(2人目)の顔を「Face ID」に登録することが可能で、登録した2人の顔いずれでもパスコードロックの解除などの認証が可能となっています。

iPhoneのFace IDで2人目の顔データを登録する方法については「iPhoneのFace IDで2人目の顔を登録する」をご覧下さい。

iPhoneの「Face ID」で2人目の容姿を設定する
1. 「設定」をタップします
iPhoneの「Face ID」で2人目の顔を登録する
2. 「Face IDとパスワード」タップします
iPhoneの「Face ID」で2人目の顔を設定する
3. 「もう一つの容姿を設定」をタップします

iPhone Xの「Face ID」を一時的に無効にする

iPhone XでFace IDの認証を一時的に無効にしたい場合は「サイドボタン」と「(いずれかの)音量ボタン」を長押ししてスライダを表示します。スライダが表示されたら再度「サイドボタン」を押してロックすることで、Face IDが一時的に無効になります。

Face IDを再度有効にするには、パスコードを入力してロックを解除します。

iPhone Xで「Face ID」を一時的に無効にする方法については「iPhone Xで顔認証(Face ID)を一時的にオフ(無効)にする」をご覧下さい。

iPhone Xで「Face ID」を一時的に無効にする
1. 「サイドボタン」と「音量ボタン」を長押します
iPhone Xで「Face ID」をオンにする
2. スライダが表示されたら「サイドボタン」を押してロックします
iPhone Xでおパスコードを入力して「Face ID」をオンにする
3. ロックの解除にパスコードが必要になります

iPhone Xの「Face ID」を無効にする

iPhone XでFace IDの認証を無効にしたい場合は「Face IDをリセット」をタップします。登録した顔データは削除され、Face IDでの顔認証は使用できなくなります。

Face IDを再設定したい場合は、「Face IDを設定」をタップして設定を開始できます。

iPhone Xで「Face ID」をリセットする
1. 「Face IDをリセット」をタップします
iPhone Xで「Face ID」が無効になる
2. 顔データが削除されFace IDが使用できなくなります
iPhone Xで「Face ID」を再登録する
3. 顔認証を再度利用したい場合は「Face IDを設定」をタップします

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV