iPhone > iPhoneの使い方 > iPhone Xで顔認証(Face ID)を一時的にオフ(無効)にする

スポンサーリンク

iPhone Xで顔認証(Face ID)を一時的にオフ(無効)にする

ここではiPhone Xで顔認証(Face ID)を一時的にオフ(無効)にする方法を紹介しています。

iPhone Xの顔認証機能「Face ID」を一時的に無効(オフ)にします。一時的に無効にすると、ロック解除やApple Payでの認証にパスコードの入力が必要になり、パスコードを入力することで「Face ID」を再び有効にすることができます。

* 顔認証機能(Face ID)は「iPhone X」で利用できます。「Face ID」の設定方法については「iPhone Xでの顔認証(Face ID)の設定方法」をご覧ください。

サイドボタンと音量ボタンの長押しで「Face ID」を一時的に無効にする

iPhone Xの側面にある「サイドボタン」および「(いずれかの)音量ボタン」を同時に長押しすることで、「Face ID」を一時的に無効にすることができます。

長押しすると「電源オフ」と「緊急SOS」のスライダが表示されるので、「サイドボタン」を押すか「キャンセル」をタップします。

「Face ID」を一時的に無効にすると、iPhone Xのロックを解除する際やApple Payでの認証などにパスコードの入力が必要になります。パスコードを入力すると、「Face ID」が再び有効になります。

iPhoneでサイドボタンと音量ボタンを長押しする
1. 「サイドボタン」と「音量ボタン」を長押しします
iPhoneで顔認証を一時的にオフにする
2. 「キャンセル」をタップします
iPhoneの「Face ID」を一時的に無効にする
3. 「Face ID」を有効にするにはパスコードの入力が必要になります

サイドボタンを5回押して「Face ID」を一時的に無効にする

iPhone Xの「サイドボタン」を5回素早く押すことで、「Face ID」を一時的に無効にすることができます。

1. iPhone Xで「緊急SOS」設定画面を表示する

iPhone Xのホーム画面から「設定」をタップします。一覧から「緊急SOS」を選択して、緊急SOSの設定画面で「サイドボタンで通話」をオンにします。

* 「自動通報」がオンになっている場合、サイドボタンを5回押すと自動的に通報画面が表示されてしまうので、オフになっていることを確認します。

iPhoneで設定をタップする
1. ホーム画面から「設定」をタップします
iPhoneで緊急SOSの設定画面を表示する
2. 「緊急SOS」をタップします
iPhoneで「サイドボタンで通話」をオンにする
3. 「サイドボタンで通話」をオンにします

2. 「サイドボタン」を5回押して「Face ID」を一時的に無効にする

iPhone Xの側面にある「サイドボタン」を5回素早く押します。「電源オフ」と「緊急SOS」のスライダが表示されたら「キャンセル」をタップすることで、「Face ID」を一時的に無効にすることができます。

「Face ID」を一時的に無効にすると、iPhone Xのロックを解除する際やApple Payでの認証などにパスコードの入力が必要になります。パスコードを入力すると、「Face ID」が再び有効になります。

iPhone でサイドボタンを5回押す
1. 「サイドボタン」を5回素早く押します
iPhoneで電源オフ/緊急SOS画面をキャンセルする
2. 「キャンセル」をタップします
iPhone で顔認証(Face ID)が一時的に無効になる
3. 「Face ID」を有効にするにはパスコードの入力が必要になります

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV