iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneでの「AirTag」の設定方法と使い方

スポンサーリンク

iPhoneでの「AirTag」の設定方法と使い方

ここではiPhoneでの「AirTag」の設定方法と使い方を紹介しています。

AirTagの使い方

「AirTag」はアップル純正の"紛失防止タグ"で、鍵や財布などの持ち物に取り付けておくことで、iPhoneなどから簡単に探すことが可能です。

iPhoneの「探す」アプリからAirTagの場所をマップ上で確認できるほか、AirTagの音を鳴らしたり、AirTagまでの距離や方向を表示して持ち物を探すことができます。

また、持ち物を落としたり置き忘れた場合などにはAirTagを"紛失モード"にすることで、持ち物を見つけてくれた人に連絡先を残すことができます。

目次:
AirTagとは
iPhoneの「探す」アプリでAirTagを追加する
AirTagを探す・音を鳴らす
AirTagで紛失モードを有効にする
AirTagを拾った場合に落とし主に連絡する
iPhoneの「探す」アプリでAirTagを削除する

AirTagとは

紛失防止タグ「AirTag」

AirTagはiPhone、iPad、iPodtouchと連携して利用できる紛失防止アクセサリで、鍵や財布、バッグなどに取り付けておくことで、「探す」アプリから持ち物を見つけることができます。

AirTagは電池式で、ボタン/コイン型電池(CR2032)で1年以上利用可能となっています。

AirTagでできること

・ AirTagの場所をマップ上に表示する/ルート(経路)を検索する

・ AirTagの音を鳴す(サウンドを再生する)

・ AirTagの正確な場所(距離/方向)を表示する(iPhone 11以降)

・ AirTagを紛失モードにする(見つけてくれた人にメッセージを残す)

対応機種

iOS14.5以降のiPhone、iPad、iPod touch

* UWB(超広帯域)無線が利用できる"U1チップ"が搭載されているiPhone 11シリーズ以降のiPhoneでは、AirTagのより正確な位置を知ることができます(近くにあるAirTagまでの距離と方向を表示できます)。

AirTag用のアクセサリ

AirTag用にアップルやサードパーティーから様々なアクセサリが販売されており、持ち物に合わせて取り付けやすくしたり、外れにくくすることができます。

Belkin AirTag用キーリング付きセキュアホルダー

Amazonで詳細を見る

Spigen AirTag カード型ケース エアフィット

Amazonで詳細を見る

ESR AirTag シリコンケース(粘着式)

Amazonで詳細を見る

iPhoneの「探す」アプリでAirTagを追加する

iPhoneの「探す」アプリで「AirTag」を追加します。

1. iPhoneの「探す」アプリでAirTagを追加する

iPhoneのホーム画面から「探す」アプリを起動して「持ち物を探す」タブを選択します。「持ち物を追加」から「AirTagを追加」をタップします。

iPhoneで探すアプリを起動する
1. 「探す」アプリを起動します
持ち物を追加
2. 「持ち物を追加」をタップします
AirTagを追加
3. 「AirTagを追加」をタップします

2. AirTagと接続して名称を設定する

AirTagをiPhoneに近づけて「接続」をタップします。AirTagの名称を選択して「続ける」をタップします。

* 新品のAirTagの場合は、タブを引きはがして電源がオンになった状態でiPhoneに近づけます。

iPhoneにAirTagを近づける
1. AirTagをiPhoneに近づけます
iPhoneとAirTagを接続する
2. 「接続」をタップします
iPhoneでAirTagの名称を設定する
3. 名称を選択して「続ける」を選択します

3. AirTagをApple IDに登録して追加を完了する

登録するApple IDの情報(メールアドレス/電話番号)を確認して「続ける」をタップします。Apple IDにAirTagが登録され設定が完了すると「探す」アプリ上のマップでAirTagの位置が表示されます。

AirTagを登録するApple IDを確認する
1. Apple IDを確認して「続ける」をタップします
AirTagを探すアプリで表示する
2. 「完了」をタップします
iPhoneの探すアプリでAirTagの設定を完了する
3. 設定は完了となります

AirTagの名称・アイコンを変更する

AirTagの名称およびアイコンはいつでも変更が可能です。「持ち物を探す」タブから名称を変更したいAirTagを選択し、下部にある「持ち物の名称変更」をタップすることで、名称およびアイコンが変更できます。

iPhoneでAirTagの名称を変更する
1. 名称を変更したいAirTagを選択します
iPhoneでAirTagのアイコンを変更する
2. 「持ち物の名称変更」をタップします
iPhoneの探すアプリでAirTagの名称・アイコンを変更する
3. 名称・アイコンを変更して「完了」をタップします

複数のAirTagを追加したい場合

複数のAirTagを追加したい場合は、「探す」アプリの「持ち物を探す」タブから「新しい持ち物を追加」をタップします。「AirTagを追加」をタップして、複数のAirTagを追加することができます。

iPhoneの探すアプリで新しい持ち物を追加する
1. 「新しい持ち物を追加」をタップします
「AirTagを追加」をタップする
2. 「AirTagを追加」をタップして新しいAirTagを追加します
iPhoneの探すアプリで複数のAirTagを登録する
3. 複数のAirTagを追加できます

AirTagを探す・音を鳴らす

iPhoneの「探す」アプリでAirTagを探します。「持ち物を探す」タブから、探したいAirTagを選択することで、マップ上にAirTagの場所を表示できます。

AirTagの音を鳴らして探す

音を鳴らしたいAirTagを選択して「サウンドを再生」をタップすることで、AirTagの音を鳴らして探すことができます。

iPhoneでAirTagを鳴らして探す
1. 音を鳴らしたいAirTagを選択します
iPhoneでAirTagのサウンドを再生する
2. 「サウンドを再生」をタップします
iPhoneの「探す」アプリでAirTagの音を鳴らす
3. AirTagの音を鳴らして探すことができます

AirTagの場所を矢印で表示する(iPhone 11以降)

「正確な場所を見つける」機能に対応しているiPhone 11以降のiPhoneでは、近くにあるAirTagの"方向"および"距離"を画面上に表示して探すことができます。

AirTagが周辺にある場合に表示される「探す」をタップすることでAirTagの方向と距離を表示されるので、矢印の方向に移動してAirTagを探します。

* "信号を探しています"と表示される場合は、周辺を移動して画面上に矢印が表示される場所を探します。

* 「サウンド」アイコンをタップして、音を鳴らすことも可能です。

iPhoneでAirTagを探す
1. 「探す」をタップします
iPhoneでAirTagの正確な場所を見つける
2. 表示される矢印の方向に移動します
iPhoneの探すアプリでAirTagの場所を矢印で表示する
3. 距離が短くなったら周辺を探します

AirTagまでの経路を表示・案内してもらう

AirTagが周辺にない場合は、「経路」をタップすることで「マップ」アプリが起動し、AirTagまでの経路を検索・表示することができます。

移動手段を選択して「出発」をタップすることで、AirTagの場所までの案内が表示されます。

iPhoneでAirTagの場所までの経路を検索する
1. 「経路」をタップします
交通手段を選択してAirTagまでの経路を表示する
2. 移動手段を選択して「出発」をタップします
iPhoneでAirTagの場所までの案内が開始される
3. AirTagの場所までの案内が開始されます

AirTagの場所を通知する

AirTagが見つからない場合、「通知」をオンにすることで次にAirTagの場所を検出した時に通知を受けることができます。

AirTagの場所を検出するとiPhone上に通知され、通知をタップするとAirTagの場所を表示することができます。

iPhoneでAirTagの検出時に通知する
1. 「通知」をオンにします
AirTagが見つかったら通知する
2. AirTagの場所を検出すると通知されます
iPhoneでAirTagの場所を表示する
3. 通知をタップするとAirTagの場所を表示できます

AirTagで紛失モードを有効にする

AirTagを「紛失モード」にすることで、ペアリングをロックし、AirTagを見つけてくれた人にメッセージを残すことができるほか、場所が検出できた場合に通知されます。

1. AirTagで紛失モードを有効にする

iPhoneのホーム画面から「探す」アプリを起動します。「持ち物を探す」タブから紛失モードにしたいAirTagを選択し、紛失モードの「有効にする」をタップします。

紛失モードについての説明画面が表示されるので、内容を確認して「続ける」をタップします。

iPhoneの探すアプリで紛失モードにしたいAirTagを選択する
1. 紛失モードにするAirTagを選択します
AirTagを紛失モードする
2. 紛失モードの「有効にする」をタップします
iPhoneでAirTagの紛失モードを有効にする
3. 「続ける」をタップします

2. AirTagを見つけてくれた人への連絡先を入力する

紛失したAirTagを見つけてくれた人への連絡先(電話番号)を入力して「次へ」をタップします。AirTagの場所を検出時に通知が欲しい場合は「検出時に通知」をオンにして「有効にする」をタップすることで、AirTagの紛失モードを有効(オンに)にできます。

* メールアドレスを入力して、メールで連絡をもらうことも可能です。電話番号の入力欄で「メールアドレスを使用」をタップしてメールアドレスを入力します。

iPhoneでAirTagを見つけてくれた人への連絡先(電話番号)を入力する
1. 連絡先の電話番号を入力して「次へ」をタップします
AirTagが見つかった時に通知する
2. 「有効にする」をタップします
AirTagの紛失モードを有効にする
3. AirTagの紛失モードが有効になります

紛失モードをオフにしたい場合

AirTagの紛失モードをオフにしたい場合は、紛失モードの「有効」をタップします。「紛失モードをオフにする」から確認画面で「オフにする」をタップすることで、紛失モードをオフにできます。

iPhoneでAirTagの紛失モードをオフにする
1. 紛失モードの「有効」をタップします
AirTagの紛失モードを解除する
2. 「紛失モードをオフにする」をタップします
AirTagの紛失モードでの電話番号を変更する
3. 「オフにする」を選択します

AirTagを拾った場合に落とし主に連絡する

紛失モードに設定されているAirTagを見つけた場合、iPhoneまたはAndroidスマートフォン(NFC搭載)をAirTagにかざすことで、AirTagに登録されている連絡先を表示することができます。

iPhone/AndroidをAirTagにかざす
1. AirTagにiPhone/Androidスマートフォンをかざします
AirTagにかざすと表示される通知をタップする
2. 表示される通知をタップします
AirTagに登録されている連絡先を表示する
3. AirTagに登録されている連絡先を表示できます

iPhoneの「探す」アプリでAirTagを削除する

iPhoneのホーム画面から「探す」アプリを起動します。「持ち物を探す」タブから削除したいAirTagを選択し、最下部にある「持ち物を削除」をタップします。

注意事項を確認して「削除」をタップすることで、「探す」アプリからAirTagを削除することができます。

iPhoneの探すアプリでAirTagを削除する
1. 削除したいAirTagを選択します
持ち物を削除
2. 「持ち物を削除」をタップします
iPhoneとAirTagのペアリングを解除する
3. 「削除」をタップします

スポンサーリンク

iPhone 13/13 Proの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV