iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneを拡大鏡として使用する

スポンサーリンク

iPhoneを拡大鏡として使用する

ここではiPhoneを拡大鏡として使用する方法を紹介しています。

iPhoneのカメラを利用して"拡大鏡"として使用できます。"拡大鏡"機能を使用することで、細かい文字などを読むときに拡大してiPhoneの画面上に表示することができます。

* 拡大鏡機能は「iOS10」搭載のiPhoneで利用できます。

1. iPhoneでアクセシビリティの設定画面を表示する

iPhoneのホーム画面で「設定」をタップします。「一般」設定から「アクセシビリティ」を選択します。

iPhoneで設定アプリを起動する
1. 「設定」をタップします
iPhoneで一般設定を表示にする
2. 「一般」をタップします
iPhoneでアクセシビリティの設定画面を表示する
3. 「アクセシビリティ」をタップします

2. iPhoneのアクセシビリティ設定で「拡大鏡」をオンにする

アクセシビリティ設定画面から「拡大鏡」を選択し、「拡大鏡」をオンにします。なお、拡大鏡使用時に、明度やコントラストを自動調整したい場合は「明るさの自動調節」もオンにします。

iPhoneで拡大鏡の設定画面を表示する
1. 「拡大鏡」を選択します
iPhoneで拡大鏡をオンにする
2. 「拡大鏡」をオンにします
iPhoneの設定で拡大鏡機能を有効にする
3. 必要に応じて「明るさの自動調節」もオンにします

3. iPhoneで「ホームボタン」をトリプルクリックする

iPhoneの「ホームボタン」をトリプルクリック(3回素早く押す)ことで、"拡大鏡機能"を呼び出すことができます。なお、別の機能のショートカットをトリプルクリックに設定している場合は、ショートカット画面から「拡大鏡」を選択します。

iPhoneでホームボタンをトリプルクリックして拡大鏡を呼び出す
1. 「ホームボタン」をトリプルクリック(3回素早く押す)します
iPhoneで複数のショートカットを設定している場合は拡大鏡を選択する
2. 「拡大鏡」をタップします
iPhoneで拡大鏡が起動する
3. 「拡大鏡」機能が起動します

4. iPhoneを「拡大鏡」として使用する

iPhoneのカメラで拡大したい文字などを写すと拡大して画面に表示されます。拡大倍率は下部のコントローラにあるスライダーをスライドすることで、拡大したり縮小することが可能です。

iPhoneを拡大鏡として使用する

iPhoneでの拡大鏡機能の使い方

拡大鏡画面下部のコントロール部の各種アイコンなどをタップすることでLEDライトのオン・オフやフォーカスのロックなどを行うことが可能です。

iPhoneでの拡大鏡機能の使い方

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV