iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneの「簡易アクセス」機能で画面を下げる

スポンサーリンク

iPhoneの「簡易アクセス」機能で画面を下げる

ここではiPhoneの「簡易アクセス」機能で画面を下げる方法を紹介しています。

「iPhone 6/6 Plus」以降のiPhoneは画面サイズが大きくなったことにより、片手で操作すると画面上部や隅まで指が届かない場合があります。そのため「簡易アクセス」と呼ばれる機能が搭載されており、「ホームボタン」をダブルタップ(軽く2回タッチ)することで、画面の上部を下げる(下にスライド)させることが可能になっています。

* 「簡易アクセス」機能は、iPhone 6/6 Plus以降のiPhone(iPhone SE除く)で利用できます。

目次:
iPhoneの「簡易アクセス」機能とは・使い方
iPhoneで「簡易アクセス」のオン/オフを切り替える

iPhoneの「簡易アクセス」機能とは・使い方

「簡易アクセス」機能を使用すると、画面上部を下にスライドする(画面を下げる)ことができます。

iPhoneのAirDropで全員を検出可能にする

ホーム/アプリ画面を下部に下げる

「簡易アクセス」機能では、「ホームボタン(Touch ID)」をダブルタップ(軽く2回タッチ)すると、ホーム画面やアプリ画面などで画面をそのまま下にスライドさせることができます。

「簡易アクセス」機能を利用することで、片手操作でホーム画面の上部にあるアプリアイコンまで指が届かない場合など、画面を下にスライドさせることで、指が届くようになります。

画面を通常の状態に戻す

画面が下部にスライドされている状態は、下記操作などで通常の状態に戻すことが可能です。

・ 再度「ホームボタン」をダブルタップする
・ 画面上部の空白部分をタップする
・ 一定の時間画面操作をしない

使用例:SafariでステータスバーをタップしてWebページのトップに戻る

iPhone 6/6 Plus以降のiPhoneでは画面サイズが大きくなり、片手操作の場合画面上部まで指が届きにくい、または全く届きません。

Safariアプリの場合、画面上部のステータスバーをタップすることで、下部までスクロールしている場合でも一気にページのトップまで戻ることができて便利なのですが、iPhone 6/6 Plusではそれが難しくなっています。

その場合、「ホームボタン」をダブルタップすることで、画面を下部に下げることができるので、ステータスバーに指が届くようになります。

iPhoneのホームボタンをダブルタップする
1. ホームボタンをダブルタップします
iPhoneの画面が下がる
2. 画面上部のステータスバーをタップします
iPhoneで片手モードで操作する
3. 表示しているWebページのトップに戻ることができます

iPhone Xの「簡易アクセス」で画面を下げる

iPhone Xの画面下部を下にスワイプすることで、画面を下げて操作を行うことが可能です。画面を上げて元に戻したい場合は、画面下部を上にスワイプします。

iPhone Xの「簡易アクセス」で画面を下げる方法については「iPhone Xの簡易アクセスで画面を下げる」をご確認ください。

iPhone Xの「簡易アクセス」で画面を下げる
1. 画面下部を下にスワイプします
iPhone Xの「簡易アクセス」で画面を戻す
2. 画面を下げて操作が可能になります
iPhone Xでの「簡易アクセス」の使い方
3. 元に戻すには画面下部を上にスワイプします

iPhoneで「簡易アクセス」のオン/オフを切り替える

「簡易アクセス」機能は、「設定」で有効・無効を設定できます。「設定」アプリで「一般」から「アクセシビリティ」を選択、「簡易アクセス」をオン/オフにすることで、有効/無効を切り替えることができます。

iPhoneで設定をタップする
1. 「設定」をタップします
iPhoneでアクセシビリティ設定画面を表示する
2. 「一般」から「アクセシビリティ」を選択します
iPhoneで簡易アクセスをオン・オフにする
3. 「簡易アクセス」をオン/オフにします

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV