iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneの「Safari」で履歴を残さずにWebページを閲覧する

スポンサーリンク

iPhoneの「Safari」で履歴を残さずにWebページを閲覧する

ここではiPhoneの「Safari」で履歴を残さずにWebページを閲覧する方法を紹介しています。

iPhoneの「Safari」アプリでは、「プライベートブラウズ」機能を利用することで、閲覧履歴を残さずにWebページを閲覧することが可能です。「プライベートブラウズ」機能を有効にしている間(黒枠表示の間)に閲覧したWebページは、履歴画面には残りません。

1. 「Safari」の"プライベートブラウズ"機能をオン(有効)にする

iPhoneの「Safari」で、"プライベートブラウズ"機能をオン(有効)にします。「Safari」の画面右下にある「ブックマーク」「タブ」アイコンのいずれかをタップし、画面下部にある「プライベート」をタップすることで、"プライベートブラウズ"機能を有効にすることができます。

iPhoneでSafariアイコンをタップする
1. 「Safari」を起動します
Safariでブックマーク、タブ切り替えアイコンをタップする
2. 下部のいずれかのアイコンをタップします
プライベート
3. 「プライベート」をタップします

2. 「Safari」の画面上下が黒色になっている時に履歴が残らなくなる

「プライベート」がハイライトされたら「完了」をタップします。"プライベートブラウズ"機能がオンになっていると、Safariの画面が黒枠になり、この状態でWebページを閲覧すると、履歴が残らなくなります。

iPhoneでSafariアイコンをタップする
1. 「完了」をタップします
Safariで検索する
2. 画面が黒枠に変わっています
Googleで検索される
3. この状態でWebページを閲覧すると、履歴が残りません

表示しているWebページの履歴が残っていないかを確認したい場合

"プレイベートブラウズ"機能をオンにして、表示しているWebページの履歴が残っていないことを確認したい場合、画面下部の「ブックマーク」アイコンをタップし、「履歴」を選択します。"プレイベートブラウズ"機能をオンにしている間に表示したWebページの履歴は残っていないことを確認できます。

iPhoneで設定をタップする
1. 「ブックマーク」アイコンをタップします
iPhoneでコントロールセンターの設定画面を表示する
2. 「履歴」を選択します
iPhoneで「App内でのアクセス」「ロック画面でのアクセス」のオン/オフを変更する
3. 表示しているWebページが履歴に残っていないことを確認できます

3. 「Safari」の"プライベートブラウズ"機能をオフ(無効)にする

「Safari」の"プライベートブラウズ"機能をオフ(無効)にしたい場合は、再度ブックマーク画面等の「プライベート」をタップします。既存のページを残すか、閉じるかの確認画面が表示されるので、いずれかを選択することで、プライベートブラウズ機能をオフにすることができます。

* 既存のページを「すべて閉じる」を選択した場合、開いているWebページはすべて閉じられます。

iPhoneでSafariアイコンをタップする
1. 「プライベート」を再度タップします
Safariで検索する
2. 既存のページを残すか、閉じるかを選択します
Googleで検索される
3. "プライベートブラウズ"がオフになります

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV