iPhone > iPhoneの使い方 > 「AirPods」をQi充電器でワイヤレス充電する

スポンサーリンク

「AirPods」をQi充電器でワイヤレス充電する

ここでは「AirPods」をQi充電器でワイヤレス充電する方法を紹介しています。

アップルの純正イヤホン「AirPods」は、ワイヤレス充電対応ケース「Wireless Charging Case」を利用することで、Lightningケーブルを接続しなくても充電器上に充電ケースを置くだけで充電が可能となっています。

* AirPodsをワイヤレス充電するには、「Qi」規格の対応ワイヤレス充電器が必要です。

目次:
「AirPods」をワイヤレス充電するために必要なもの
「AirPods」をワイヤレス充電する
iPhoneで「AirPods」のバッテリー残量を確認する

「AirPods」をワイヤレス充電するために必要なもの

「AirPods」をワイヤレス充電するためには、Qi規格のワイヤレス充電に対応した「Wireless Charging Case」およびQi規格の充電器が必要になります。

ワイヤレス充電対応ケース「Wireless Charging Case」

第2世代の「AirPods」では、ワイヤレス充電に対応した充電ケース「Wireless Charging Case」がセットになったモデルが販売されています。

mophie wireless charging base Qi iPhone 8/8 Plus/iPhone X

AirPods(第2世代) with Wireless Charging Case

Apple Storeで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

また、第1世代の「AirPods」を持っている場合は、単体販売されている「Wireless Charging Case」を第1世代の「AirPods」で利用可能です。

Qi規格のワイヤレス充電器

「Wireless Charging Case」でワイヤレス充電するには、Qi規格のワイヤレス充電器が必要です。Qi規格のワイヤレス充電器は各社より販売されています。

Anker PowerWave 10 Pad

Amazonで詳細を見る

belkin BOOST↑UP Qi ワイヤレス充電パッド(5W)

Amazonで詳細を見る

belkin BOOST↑UP ボールドワイヤレス充電パッド

Amazonで詳細を見る

「AirPods」をワイヤレス充電する

電源に接続した「Qi(チー)」規格対応のワイヤレス充電器の上に、ライトを上にした「Wireless Charging Case」を置くことで、充電を開始することができます。

「AirPods」をQi充電器でワイヤレス充電する

充電器に置いた際に点灯するケース上のライトの色の意味

「AirPods」を「Qi(チー)」規格の充電器を電源に置くとケース上のライトが点灯します。充電が完了している場合は"グリーン"、充電が未完了の場合は"オレンジ"色に点灯します。

AirPodsの充電ケース上のライトの色の意味

iPhoneで「AirPods」のバッテリー残量を確認する

iPhoneのホーム画面やロック画面を右スワイプして表示できる"バッテリーウィジェット"から「AirPods」および「AirPodsケース」のバッテリー残量を確認することができます。

"バッテリーウィジェット"が表示されない場合は、下部の「編集」からウィジェットの編集画面を表示して追加できます。ウィジェットの追加方法については「iPhoneでのウィジェットの設定方法と使い方」をご覧ください。

iPhoneで「AirPods」のバッテリー残量を確認する

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV