iPhone > iPhoneの使い方 > 「AirPods」のバッテリー残量を確認する・充電する

スポンサーリンク

「AirPods」のバッテリー残量を確認する・充電する

ここでは「AirPods」のバッテリー残量を確認する・充電する方法を紹介しています。

アップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods」のバッテリー残量を確認・充電します。「AirPods」の専用ケースはモバイルバッテリーとしても利用可能となっており、ケースに収納して充電することで、24時間以上利用が可能となっています。

「AirPods」のバッテリー残量はiPhoneの画面上で表示・確認できるほか、ケース上のステータスランプの色で充電状況を確認することができます。

AirPodsを充電する

「AirPods」はモバイルバッテリー機能付きの専用ケースを利用することで充電することができます。

AirPodsを充電する

「AirPods」はモバイルバッテリー機能付きの専用ケースに入れることで充電することができます。専用ケースは、AirPodsを複数回充電可能なバッテリー量となっています。

専用ケースによる1回の充電で最大5時間の再生、または2時間の連続通話が可能です。また、15分の充電では最大3時間再生または1時間の連続通話が可能です。

AirPodsをケースに収納して充電する

AirPodsのケースを充電する

「AirPods」のケースを付属のLightiningケーブルをケースのUSBポートに接続し、電源アダプタやパソコンのUSBポートに接続することで充電できます。なお、AirPodsを収納していない状態でも充電可能です。

AirPodsのケースを充電する

AirPodsのバッテリー残量を確認する

「AirPods」および「専用ケース」のバッテリー残量は、ケース上のステータスランプの色や、iPhoneの画面上やバッテリーウィジェット上から確認することができます。

AirPodsケースのステータスランプの色で確認する

「AirPods」のケース上にあるステータスランプの色で、AirPodsおよびケースの充電状況を確認することができます。

■ AirPodsをケースに収納している場合

AirPodsのバッテリー残量が色で表示されます。緑色の場合は充電が完了している、オレンジ色はフル充電されていないことを示しています。

■ AirPodsをケースに収納していない場合

AirPodsのケースのバッテリー残量が色で表示されます。緑色の場合は充電が完了している、オレンジ色はフル充電されていないことを示しています。

AirPods ステータスランプ

iPhoneの画面やバッテリーウィジェットで確認する

iPhoneとAirPodsを近づけて、AirPodsのケースのフタを開けることで、画面上にAirPodsのバッテリー残量を表示することができます。

また、iPhoneのバッテリーウィジェットからAirPodsのバッテリー残量を確認することも可能です。

AirPodsのバッテリー残量をiPhoneで確認する

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV