iPad > iPadの使い方 > iPadのカメラでセルフタイマーを設定・撮影する

スポンサーリンク

iPadのカメラでセルフタイマーを設定・撮影する

ここではiPadのカメラでセルフタイマーを設定・撮影する方法を紹介しています。

iPadの「カメラ」アプリで、セルフタイマーを設定して写真を撮影します。iPadの「カメラ」アプリでは"3秒"または"10秒"からタイマーを選択可能となっており、残り0秒になるとバーストモードで写真が撮影されます。

目次:
セルフタイマーを設定可能な撮影モードと秒数
iPadの「カメラ」アプリでセルフタイマーを設定して撮影する

セルフタイマーを設定可能な撮影モードと秒数

iPadの「カメラ」アプリでセルフタイマーを設定可能な撮影モードと設定可能な秒数は下記となっています。

■ セルフタイマーを設定可能な撮影モード

・ 写真

・ スクエア

・ ポートレート

■ セルフタイマーで設定可能な秒数

・ 3秒

・ 10秒

iPadの「カメラ」アプリでセルフタイマーを設定して撮影する

iPadの「カメラ」アプリでセルフタイマーを設定して写真を撮影します。

1. iPadの「カメラ」アプリで"写真"撮影モードなどを選択する

iPadのホーム画面から「カメラ」アプリを起動します。画面右側をスワイプして、セルフタイマーを設定可能な撮影モードを選択します。

iPadでカメラアプリを起動する
1. 「カメラ」を起動します
iPadでカメラでセルフタイマーを設定可能な撮影モードを選択する
2. セルフタイマーを設定可能な撮影モードを選択します

2. iPadのカメラでセルフタイマーを設定する

画面上にある「セルフタイマー」アイコンをタップし、タイマー秒数を「3秒」または「10秒」から選択してタイマーを設定します。

iPad/iPad miniのカメラでタイマーアイコンをタップする
1. 「タイマー」アイコンをタップします
iPad/iPad miniのカメラでセルフタイマーを設定する
2. 「3秒」または「10秒」からタイマーを設定します

3. iPadのカメラでセルフタイマーで撮影する

セルフタイマー[3秒/10秒]をセットした状態で画面上の「シャッターボタン」をタップ、または本体側面の「音量ボタン」を押すことでタイマーが作動します。秒数が0になると、写真が撮影されます。

* タイマーの残り秒数は画面上に表示されます。

iPadのタイマーで写真を撮影する
1. 「シャッターボタン」をタップします
iPadのカメラでセルフタイマーで撮影する
2. タイマーが開始されます

4. セルフタイマーで撮影した写真を表示・確認する

撮影した写真を表示・確認したい場合は、画面上のプレビューをタップします。直前に撮影した写真を表示することができます。確認後、カメラに戻る場合は「<」アイコンをタップします。

* 撮影した写真を消去したい場合は、画面右下の「ゴミ箱」アイコンをタップします。

iPadでタイマー撮影した写真を表示する
1. 画面上びプレビューをタップすることで、撮影した写真を表示できます
iPadでカメラに戻る
2. カメラに戻るには「<」アイコンをタップします

スポンサーリンク

iPad mini(第6世代)/iPad(第9世代)の予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV