iPad > iPadの使い方 > iPadのカメラで写真/動画のフォーマット(形式)を変更する

スポンサーリンク

iPadのカメラで写真/動画のフォーマット(形式)を変更する

ここではiPadのカメラで写真/動画のフォーマット(形式)を変更する方法を紹介しています。

iOS11搭載の10.5インチ/12.9インチ(第2世代)iPad Proのカメラでは、写真では「HEIF」、動画では「HEVC(H.265)」と新しいフォーマット(形式)が利用できます。

従来のJPEG/H.264形式と比較して新しいフォーマット(HEIF/HEVC)では写真や動画のデータサイズを小さくすることでができますが、PCやアプリなどとの互換性に問題がある場合は従来のフォーマット(JPEG/H.264)を選択することもできます。

選択できるフォーマットとデータサイズの違い

iOS11搭載の10.5インチ/12.9インチ(第2世代)iPad Proのカメラで選択できる写真/動画のフォーマットと、それぞれのフォーマットで撮影した際のデータサイズの違い(目安)は下記の通りです。

データサイズ 高効率
(HEIF/HEVC)
互換性優先
(JPEG/H.264)
 写真 1 1.70MB 3.93MB
 写真 2 3.38MB 6.76MB
 動画 1 10.4MB 23MB
 動画 2 19.9MB 43.8MB

iPadで写真/動画のフォーマットを変更する

iPadのカメラで撮影する写真/動画のフォーマット(形式)を変更します。

1. iPadでカメラのフォーマット設定画面を表示する

iPadのホーム画面から「設定」をタップします。設定一覧から「カメラ」を選択し「フォーマット」を選択します。

iPadで設定アプリを起動する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPadのカメラ設定画面で「フォーマット」を選択する
2. 「カメラ」から「フォーマット」を選択します

2. iPadでカメラ(写真/動画)のフォーマット(形式)を変更する

カメラのフォーマット画面で写真/動画で使用する形式を「高効率(HEIF/HEVC)」と「互換性優先(JPEG/H.264)」から選択・変更できます。

■ 高効率

高効率

■ 互換性優先

互換性優先

パソコン(Windows/Mac)に転送する際のフォーマットを変更する

iPadからパソコン(Windows/Mac)に写真/動画を転送する際に、自動的に互換性のあるフォーマットに変換して転送するか、元のフォーマットのまま転送するかを選択できます。

1. iPadからパソコン転送時の写真/動画のフォーマットを設定する

iPadのホーム画面から「設定」をタップし「写真」を選択します。"MACまたはPCに転送"から「自動」または「元のフォーマットのまま」を選択します。

iPadで設定アプリを起動する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPadからパソコンに写真・動画を転送する際のフォーマットを設定する
2. "MACまたはPCに転送"から「自動」または「元のフォーマットのまま」を選択します

2. iPadとパソコン(Windows/Mac)を接続する

iPadとパソコン(Windows/Mac)を接続して、iPad内の写真/動画を表示します。

iPadとパソコンを接続する

3. iPadからパソコンに写真/動画を転送する

iPadに保存している写真/動画をパソコンに転送します。

「自動」を選択している場合

"自動"を選択している場合は、自動的に互換性のあるフォーマット(形式)で転送されます。「高効率(HEIF/HEVC)」で撮影した写真/動画も、自動的にJPEG/H.264に変換されパソコンに転送されます。

JPEG/H.264

「元のフォーマットのまま」を選択している場合

"元のフォーマットのまま"を選択している場合は、撮影時のフォーマット(形式)で転送されます。「高効率(HEIF/HEVC)」で撮影した写真/動画はHEIF/HEVCで、互換性優先(JPEG/H.264)で撮影した写真/動画はJPEG/H.264でパソコンに転送されます。

HEIF/HEVC

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV