iPad > iPadの使い方 > iPadで文字入力を取り消す・やり直す

スポンサーリンク

iPadで文字入力を取り消す・やり直す

ここではiPadで文字入力を取り消す・やり直す方法を紹介しています。

iPadでは、キーボード上のショートカットから「取り消し(Undo)」「やり直す(Redo)」アイコンをタップすることで、直前の文字入力を取り消したり、取り消しをやり直すことができます。

また、iPadの「シェイクで取り消し」機能を利用することで、本体をシェイクして直前の文字入力を取り消したり、取り消しをやり直すことも可能です。

iPadのキーボードから文字入力を取り消す・やり直す

iPadのキーボード上に表示されるショートカットから文字入力の「取リ消し(Undo)」と「やり直す(Redo)」を行うことができます。

文字入力を取り消す(Undo)

iPadのキーボード上のショートカットから「取り消し(Undo)」アイコンをタップすることで、直前の文字入力を取り消すことができます。

iPadのキーボードで文字入力を取り消す
1. キーボード上のショートカットから「取り消す(Undo)」アイコンをタップします
取り消し
2. 直前の文字入力を取り消すことができます

文字入力の取り消しをやり直す(Redo)

iPadのキーボード上のショートカットから「やり直す(Redo)」アイコンをタップすることで、取り消した文字入力をやり直すことができます。

iPadのキーボードで文字入力をやり直す
1. キーボード上のショートカットから「やり直す(Redo)」アイコンをタップします
やり直す
2. 取り消した文字入力をやり直すことができます

キーボード上の「取り消し」「やり直す」キーをタップする

iPadのキーボード上に表示される「取り消し(Undo)」「やり直す(Redo)」キーをタップすることでも「取り消し」と「やり直す」を行うことができます。日本語ローマ字キーボードの場合は、「123」キーをタップして「取り消し」キーを、「#+=」キーをタップして「やり直す」キーを表示できます。

iPadで「取り消す」キーをタップする
iPadで「やり直す」キーをタップする

iPadをシェイクして文字入力を取り消す・やり直す

iPadの「シェイクで取り消し」機能を利用することでも、文字入力を取り消すことができます。

iPad本体をシェイクして文字入力を取り消す

文字入力を取り消したい際にiPad本体をシェイクして、画面上に表示される「取り消す」をタップします。

iPadで文字入力を取り消す
1. 本体をシェイクして「取り消す」をタップします
iPadでシェイクで取り消す
2. 直前の文字入力を取り消すことができます

文字入力の取り消しをやり直すには再度シェイクする

取り消した文字入力をやり直したい場合は、再度iPad本体をシェイクして画面上に表示される「やり直す」をタップします。

iPadで文字入力をやり直す
1. 再度本体をシェイクして「やり直す」をタップします
iPadでシェイクでやり直す
2. 取り消した文字入力をやり直すことができます

「シェイクで取り消し」機能を有効/無効にする

iPadの本体をシェイクして直前の操作を取り消す「シェイクで取り消し」機能は任意にオン/オフにすることができます。「設定」アプリの「一般」から「アクセシビリティ」を選択し、「シェイクで取り消し」からオン/オフにすることができます。

シェイクで取り消し
1. 「設定」アプリの「一般」から「アクセシビリティ」を選択します
iPadで「シェイクで取り消し」を有効/無効にする
2. 「シェイクで取り消し」を選択することで、オン/オフできます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV