News > 重要なセキュリティアップデートを含む「iOS 15.3.1」と「iPadOS 15.3.1」が配信開始

スポンサーリンク

重要なセキュリティアップデートを含む「iOS 15.3.1」と「iPadOS 15.3.1」が配信開始

アップルは、『iOS』および『iPadOS』の最新アップデートとなる「iOS 15.3.1」および「iPadOS 15.3.1」の配信を開始しています。

iOS15.3.1 ソフトウェア・アップデート

「iOS 15.3.1」と「iPadOS 15.3.1」では、重要なセキュリティアップデートが提供されるほか、点字ディスプレイが応答しなくなることがある問題が修正されています。

アップデート対象デバイス

対応機種は以下となっており、無料アップデート可能です。

■ iOS15

- iPhone 6s以降のiPhone(iPhone SE含む)
- iPod touch(第7世代)

■ iPadOS15

- iPad Pro(12.9インチ/11インチ/10.5インチ/9.7インチ)
- iPad Air 2以降のiPad Air
- iPad(第5世代)以降のiPad
- iPad mini 4以降のiPad

対象デバイスでのアップデート方法

対象デバイスでソフトウェアアップデートを行うには、「設定」 アプリで「一般」から「ソフトウェアアップデート」 を選択します。 「ダウンロードとインストール」をタップすることでアップデートを開始できます。

なお、ソフトウェアアップデートの際はWi-Fiに接続している必要があります。

スポンサーリンク

iPhone 13/13 Proの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV