iPhone > 基本情報 > iPhone 7/7 Plusの新色「ジェットブラック」と「ブラック」の比較・違い

スポンサーリンク

iPhone 7/7 Plusの新色「ジェットブラック」と「ブラック」の比較・違い

2016年9月に発売された「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」では"ローズゴールド"以来となる「ジェットブラック」「ブラック」と2つの新色が追加され、「ローズゴールド」「ゴールド」「シルバー」と過去最多の全5色展開となっています。

新色ということもあり人気の高い「ジェットブラック」及び「ブラック」を比較してみたいと思います。

光沢のある"ジェットブラック"とマットな"ブラック"

"ジェットブラック"はプラスチックのような光沢のあるブラックとなっており、より深い黒色となっています。指紋は付きやすいですが目立ちにくく、滑らかな手触りですがしっかり手にフィットします。

"ブラック"はつや消しのようなマットな仕上がりとなっており、落ち着いたカラーで、指紋も付きにくくなっています。

iPhone 7のジェットブラックとiPhone 7 Plusのブラックの比較
iPhone7 ジェットブラック(左) と iPhone 7 Plus ブラック(右)

なお、"ジェットブラック"の素材は他カラーと同じくアルミとなっており、高光沢な表面は9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。

Appleの案内では他の製品と同等の硬度があるものの、使用していくことで光沢に微細な摩耗が生じる場合があるとのことで、摩耗が気になる場合は、ケースを使用して表面を保護することを推奨しています。

iPhone 7ブラックのSIMトレイ内もブラック
外側からでは分かりませんが"ジェットブラック"と"ブラック"のSIMトレイ内もブラック

iPhone 6sまでのスペースグレイとの比較

iPhone 6sなどで通称Dラインと呼ばれていた本体背面の上下部にあるアンテナラインは、エッジ上に移動しており、特に"ジェットブラック"と"ブラック"では同系色となっているので、目立ちにくくなっています。

iPhone 7シリーズの2つのブラックとスペースグレイの比較
iPhone7シリーズでは廃止となったスペースグレイ(左)

なお、iPhone 5sから続いてきたカラー・スペースグレイですが、iPhone 7シリーズでは2つのブラックに置き換わる形で廃止となっています。スペースグレイは背面がグレーでしたが、iPhone 7シリーズの2つのブラックは前面のブラックに近いカラーとなり、一体感が高まっています。

iPhone 7 ブラックのホームボタン
iPhone7シリーズで感圧式に変更となったホームボタン周り

なお、iPhone 7シリーズでは背面に「総務省指定」の文字が追加されています。

iPhone 7 総務省指定
iPhone7シリーズで本体背面に追加された「総務省指定」の文字

光沢の"ジェットブラック"は128GBと256GBのモデル限定

高光沢の"ジェットブラック"とマットなつや消しの"ブラック"は質感の異なる黒ですが、どちらも質感は高いです。なお、"ジェットブラック"は128GB/256GBモデルのみとなっているため、注意が必要です。

iPhone 7 ジェットブラックとブラックの比較
前面ガラスのように反射・映り込みのある光沢"ジェットブラック(右)"とマットな"ブラック(左)"

関連情報

スポンサーリンク

iPhone 13/13 Proの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV