News > アップルがApple Watch向け『watchOS 7.2』の配信を開始

スポンサーリンク

アップルがApple Watch向け『watchOS 7.2』の配信を開始

アップルが、Apple Watch向けの最新アップデート『watchOS 7.2』をリリースしています。

watchOS 7.1

『watchOS 7.2』では、肺機能レベルが低下したときに通知するオプションや、iPhoneの「ヘルスケア」アプリで年齢と性別に基づいて心肺機能レベルを確認する機能などが追加されています。

watchOS 7.2 での変更点

■ Apple Fitness+

・ iPhone、iPad、およびApple TVで利用可能なスタジオスタイルのワークアウトとApple Watchを組み合わせた新しいフィットネス体験

・ 人気上位10種類のワークアウトタイプにビデオワークアウトを毎週追加: 高強度インターバルトレーニング、インドアバイク、ヨガ、コア、筋力、ダンス、ローイング、トレッドミルでのウォーキング、トレッドミルでのランニング、マインドフル・クールダウン

・ Fitness+のサブスクリプションは、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、および米国で利用可能

■ その他

・ 心肺機能レベルが低下したときに通知するオプション

・ iPhoneの"ヘルスケア"Appで年齢と性別に基づいて心肺機能レベルを確認可能

・ "心電図"Appを利用できるほとんどの地域で、心拍数が100 BPMを超えたときに心房細動を分類

・ 台湾でApple Watch Series 4以降の"心電図"Appに対応

・ VoiceOverが点字ディスプレイに対応

・ バーレーン、カナダ、ノルウェー、およびスペインでファミリー共有設定に対応(Apple Watch Series 4以降およびApple Watch SEのCellularモデル)

アップデート対象

「watchOS 7.2」のアップデート対象は『Apple Watch Series 3』以降です。

アップデート方法

Apple WatchのOSのアップデートは、Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」からアップデートを開始することができます。

なお、アップデートをインストールするには、Apple Watchが下記の条件を満たしている必要があります。

・ Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
・ 50%以上充電されている

Apple WatchのOSのアップデート方法について詳しくは「Apple Watchのソフトウェア(OS)をアップデートする」をご覧ください。

スポンサーリンク

iPhone 12/12 Proの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV