Wave+ アプリ TOP > iPhoneでの「Google Maps」の使い方 > Googleマップで地図を3D表示する

スポンサーリンク

Googleマップで地図を3D表示する

Googleマップ

iPhone向けの「Google Maps(グーグルマップ)」アプリで、地図を3D表示します。3D表示にすると、主要な建物も3Dで地図上に立体的に表示されます。

Googleマップアプリで地図を3D表示する

「Google Maps」アプリで地図を3D表示します。表示している地図上を2本指で(下から上に)スライドすることで、地図を3D表示することができます。

なお、建物などを3D表示するには一定上地図を拡大表示する必要があります。2本指でスライドしても建物等が3D表示されない場合は、ピンチ操作などで地図を拡大します。

iPhoneでGoogle Mapsアプリで地図を表示する
1. 地図上を2本指で(下から上に)スライドします
iPhoneのGoogle Mapsアプリで画面を2本指でスライドする
2. 地図を一定以上に拡大します
iPhoneのGoogle Mapsアプリで現在位置をマップ上で確認する
3. 地図が3D表示になります

Googleマップアプリで3D地図上に交通状況を表示する

「Google Maps」アプリで3D表示している地図上に交通状況を表示します。

3D表示している地図の画面上の「メニュー」アイコンをタップして、「交通状況」を選択することで、3D地図上に交通状況を表示できます。

Google Mapsアプリで3D表示しているマップ上のメニューをタップする
1. 画面上の「メニュー」アイコンをタップします
iPhoneのGoogle Mapsアプリで交通状況をタップする
2. 「交通状況」をタップします
Google Mapsアプリで3Dマップ上に交通状況を表示する
3. 3D地図上に交通状況が表示されます

Googleマップアプリで3D地図を回転させる

地図を3D表示している場合でも、地図を回転させることができます。地図上を2本指でひねるように回転することで、3D地図を回転することができます。

また、"北"方向を画面上部に戻す・表示するには、画面上に表示される「コンパス」アイコンをタップします。

iPhoneのGoogle Mapsアプリで地図上を2本指で回転する
1. 地図上をひねるように回転させます
iPhoneのGoogle Mapsアプリで3D地図が回転される
2. 3D地図を回転することができます
iPhoneのGoogle Mapsアプリで北を画面上部に戻す
3. 画面上の「コンパス」アイコンをタップすることで、画面上部を"北"方向に戻すことができます

Googleマップアプリで3D地図を元に戻す

地図を3D表示を元に戻す(2D表示にする)には、地図上を再度2本指で(上から下に)スライドすることで、地図を元にもどすことができます。

iPhoneのGoogle Mapsアプリで地図上を2本指でスライドする
1. 地図上を2本指で(上から下に)スライドします
iPhoneのGoogle Mapsアプリで3D地図を2Dに戻す
2. 3D地図が元に戻ります
iPhoneのGoogle Mapsアプリで3D地図を2Dに戻す
3. 2D地図を表示できます

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/app/googlemaps-3d.htm


このページへのリンクタグ: Googleマップで地図を3D表示する - Wave+ アプリ
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV