News > アップルが「Apple Watch Series 1/2」にも対応した『watchOS 6.1』をリリース

スポンサーリンク

アップルが「Apple Watch Series 1/2」にも対応した『watchOS 6.1』をリリース

アップルが、「Apple Watch Series 1」および「Apple Watch Series 2」にも対応したApple Watch向けの最新アップデート『watchOS 6.1』をリリースしています。

watchOS 6.2

アップデート内容

『watchOS 6.1』では、アップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」がサポートされるほか、改善・バグ修正が含まれています。

また『watchOS 6.1』は「Apple Watch Series 1」および「Apple Watch Series 2」にも対応しており、同モデルが『watchOS 6』にアップデート可能となっています。

アップデート対象

「watchOS 6.1」のアップデート対象は『Apple Watch Series 1』以降です。第1世代のApple Watchでは利用できません。

アップデート方法

Apple WatchのOSのアップデートは、Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」からアップデートを開始することができます。

なお、アップデートをインストールするには、Apple Watchが下記の条件を満たしている必要があります。

・ Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
・ 50%以上充電されている

Apple WatchのOSのアップデート方法について詳しくは「Apple Watchのソフトウェア(OS)をアップデートする」をご覧ください。

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV