iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneカメラのポートレートモードで背景をぼかした写真を撮影する

スポンサーリンク

iPhoneカメラのポートレートモードで背景をぼかした写真を撮影する

ここではiPhoneカメラのポートレートモードで背景をぼかした写真を撮影する方法を紹介しています。

iPhoneカメラのポートレートモードでは、望遠側(35mm換算56mm相当)のカメラを利用して撮影し、被写界深度エフェクトにより人物撮影時などに背景をぼかした写真を撮影可能です。

* ポートレートモード(被写界深度エフェクト)はiOS10.1以降搭載の「iPhone 7 Plus」および「iPhone 8 Plus」「iPhone X」で利用できます。

ポートレートモードの被写界深度エフェクトとは

iPhoneのポートレートモードでは、被写界深度効果により背景がよりぼけた写真を撮影できます。 なお、ポートレートモードで撮影した写真でも、後から被写界深度エフェクト(背景ぼかし)をオフにするにことができます。

iPhone 7 Plusのポートレートモードで背景をぼかして撮影した写真
ポートレートモード
iPhone 7 Plusの写真モード(望遠側レンズ)で撮影した写真通常の写真モード(×2)

ポートレートモードで背景をぼかして写真を撮る

iPhoneカメラのポートレートモードで背景をぼかした写真を撮影します。

1. iPhoneで「カメラ」アプリを起動する

iPhoneで「カメラ」アプリを起動します。画面をスライドして"撮影モード"を「ポートレート」に変更します。

iPhone 7 Plusでカメラアプリを起動する
1. 「カメラ」アプリを起動します
iPhoneのカメラを撮影モードを人物撮影に変更する
2. 画面をスライドして、撮影モードを変更します
iPhoneでポートレートモードを選択する
3. 「ポートレート」を選択します

2. ポートレートモードで背景をぼかした写真を撮影する

iPhoneカメラのポートレートモードで、被写界深度エフェクトが有効になるように位置を合わせます。被写体をタップすることでピントを合わせることができます。

画面上の「被写界深度エフェクト」が黄色になっている(有効になっている)状態でシャッターボタンを押すことで、被写体外の背景がぼけた写真を撮影できます。

iPhoneのポートレートモードで被写界深度エフェクトを有効する
1. 「被写界深度エフェクト」が有効になるように位置を合わせます
iPhoneのポートレートモードで被写体にピントを合わせる
2. 被写体をタップしてピント(フォーカス)を合わせることができます
iPhoneのカメラで背景をぼかして撮影する
3. 「シャッターボタン」をタップして写真を撮影できます

ポートレートモードの被写界深度エフェクトを削除する

ポートレートモードで撮影した写真の被写界深度エフェクトを削除(オフ)にします。「写真」アプリからポートレートモードで撮影した写真を選択して「編集」をタップし、編集画面から「ポートレート」をオフにすることで、被写界深度エフェクトを削除(オフ)にできます。

iPhoneのポートレートモードで被写界深度エフェクトを有効する
1. 「写真」をタップします
iPhoneのポートレートモードで被写体にピントを合わせる
2. ポートレート写真の「編集」をタップして編集画面を表示します
iPhoneのカメラで背景をぼかして撮影する
3. 「ポートレート」をオフにして「チェックマーク」をタップします

ポートレートモードで照明エフェクトを追加する

iPhone 8 Plus/Xでは、「カメラ」アプリのポートレートモードで、または「写真」アプリからポートレートモードで撮影した写真を選択して、照明エフェクトを追加・変更することができます。

iPhone 8 Plus/Xのカメラで照明エフェクトを追加・変更する方法については「iPhoneカメラのポートレートモードで照明エフェクトを追加する」をご覧下さい。

iPhoneのポートレートモードで被写界深度エフェクトを有効する
1. 「写真」アプリで編集画面を表示します
iPhoneのポートレートモードで被写体にピントを合わせる
2. 照明エフェクトを変更して「チェックマーク」をタップします
iPhoneのカメラで背景をぼかして撮影する
3. 照明エフェクトを追加・変更できます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV