iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneでポートレート写真の撮影後にボケ量(被写界深度/F値)を変更する

スポンサーリンク

iPhoneでポートレート写真の撮影後にボケ量(被写界深度/F値)を変更する

ここではiPhoneでポートレート写真の撮影後にボケ量(被写界深度/F値)を変更する方法を紹介しています。

「iPhone XS/XS Max/XR」では、カメラのポートレートモードで撮影した写真のボケ量を、撮影後に変更することが可能です。

ポートレート写真を撮影後に「写真」アプリ上で被写界深度(F値)の変更が可能となっており、F値をF1.4~F16間で変更することで、ボケ量を変更できます。

目次:
ポートレート撮影後にボケ量を変更可能
iPhoneのカメラでポートレート写真を撮影する
「写真」アプリでポートレート写真のボケ量を変更する

ポートレート撮影後にボケ量を変更可能

iPhone XS/XS Max/XRのポートレートモードで撮影した写真は、撮影後に被写界深度(F値)を変更してボケ量(ボケ加減)をコントロールすることができます。

F値はF1.4~F16までの間でを変更可能で、F値を小さくすることで被写界深度を浅く(ボケ量を大きく)、F値を大きくすることで被写界深度を深く(ボケ量を少なく)することができます。

iPhoneのポートレートでF値をF1.4~F16で変更する
F1.4
iPhone XS/XS Max/XRのポートレートモードでボケ量をコントロールする
F4.5
iPhoneのポートレート写真を撮影後に被写界深度を浅く/深くする
F16

iPhoneのカメラでポートレート写真を撮影する

iPhoneの「カメラ」アプリのポートレートモードで背景をぼかした写真を撮影します。

1. iPhoneの「カメラ」アプリでポートレートモードを選択する

iPhoneで「カメラ」アプリを起動します。 画面をスワイプして「ポートレート」を選択して、撮影モードをポートレートに変更します。

iPhone X/8 Plusでカメラを起動する
1. 「カメラ」をタップします
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードライティング機能を利用する
2. 画面をスワイプします
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードを選択する
3. 「ポートレート」を選択します

2. ポートレートモードで背景をぼかした写真を撮影する

被写体をタップしてピントを合わせ、ポートレートモードで背景がボケるようにカメラの位置を合わせます。「シャッターボタン」をタップして、背景をぼかしたポートレート写真を撮影します。

* フロントカメラに切り替えてポートレート写真を撮影することも可能です。

iPhone X/8 Plusでカメラを起動する
1. 被写体をタップしてピントを合わせます
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードライティング機能を利用する
2. 「シャッターボタン」をタップして写真を撮影します
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードを選択する
3. 背景がボケたポートレート写真を撮影できます

「写真」アプリでポートレート写真のボケ量を変更する

iPhoneの「写真」アプリでポートレート写真のボケ量を変更します。

1. iPhoneの「写真」アプリでポートレート写真を選択する

iPhoneで「写真」アプリを起動します。「ポートレート」アルバムなどから、ポートレートモードで撮影した写真を選択します。

iPhone X/8 Plusでカメラを起動する
1. 「写真」をタップします
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードライティング機能を利用する
2. 「ポートレート」アルバムなどを選択します
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードを選択する
3. ポートレート写真を表示します

2. ポートレート写真の編集画面からボケ量を変更する

画面右上の「編集」をタップして、ポートレート写真の編集画面を表示します。「被写界深度」欄のスライダーを左右にスワイプしてF値を変更することで、ポートレート写真の"ボケ量"を変更することができます。

iPhone X/8 Plusでカメラを起動する
1. 「編集」をタップします
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードライティング機能を利用する
2. ポートレート写真の編集画面を表示します
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードを選択する
3. 「被写界深度」のF値を変更します

3. ボケ量を変更したポートレート写真を保存する

画面上の照明エフェクトを左右にスワイプすることで、適用する照明エフェクトを変更することができます。照明エフェクトを選択したら画面右下の「チェックマーク」をタップすることで保存できます。

iPhone X/8 Plusでカメラを起動する
1. 任意のF値を選択します
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードライティング機能を利用する
2. 「保存」をタップします
iPhone X/8 Plusのカメラでポートレートモードを選択する
3. ボケ量を変更したポートレート写真を保存できます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV