iPhone Wave Top > iPhoneの使い方 > iPhoneでの「Live Photos(ライブフォト)」の撮影方法と使い方

スポンサーリンク

iPhoneでの「Live Photos(ライブフォト)」の撮影方法と使い方

ここではiPhoneでの「Live Photos(ライブフォト)」の撮影方法と使い方を紹介しています。

iPhone 6s/6s Plus以降のiPhoneのカメラでは「Live Photos(ライブフォト)」を撮影できます。「Live Photos」では写真を撮影する前後の動きやサウンドも一緒に保存することができます。

新しいカメラ機能「Live Photos」の特徴と注意点

シャッターボタンを押す前後1.5秒ずつ、合計3秒間の映像と音声が保存される

「Live Photos」の撮影は通常の写真の撮影と同じようにシャッターボタンを押すだけです。ただし、シャッターボタンを押す(写真を撮影する)瞬間の前後1.5秒づつ、合計3秒の映像と音声が保存されます。そのため、シャッターボタンを押す前後で、iPhoneをしっかりとホールドしておく必要があります。

「Live Photos」は壁紙に設定することも可能

「Live Photos」で撮影した動き・サウンド付きの写真はiPhoneの壁紙として設定することも可能です。ロック画面をプレスすることで、壁紙が動き出します。

iPhoneの壁紙に「Live Photos」を設定する方法は「iPhoneでロック画面を押すと動くライブ壁紙を設定する」をご覧下さい。

iOS9/OSX El Capitan以降搭載端末でiMessage、iCloud共有、AirDropで共有可能

「Live Photos」は、iMessage、iCloud共有、AirDropで共有することで、iOS9以降搭載のiOSデバイス、OS X El Capitan以降搭載のMacでも再生できます。

iPhoneのカメラで「Live Photos」を撮影する

iPhoneでシャッターボタンを押した瞬間の前後3秒間の映像・音声を保存できる「Live Photos(ライブフォト)」を撮影します。

iPhoneの「カメラ」で"Live Photos"をオンにする

iPhoneのホーム画面で「カメラ」をタップします。画面下部をスワイプして"撮影モード"で「写真」を選択します。画面上部にある「Live Photos」アイコンをタップして"オン"にすることで、動画の常時撮影が開始されます。

iPhoneでカメラアプリを起動する
1. 「カメラ」を起動します
iPhoneのカメラで「Live Photos」をオンにする
2. 「写真」撮影モードで「Live Photos」アイコンをタップします
iPhoneのカメラでLive Photosを撮影中は「LIVE」マークが表示される
3. 「Live Photos」がオンになります

iPhoneで「Live Photos」を撮影する

「シャッターボタン」を押すと、撮影前の1.5秒と撮影後の1.5秒の合計3秒間の映像・音声が撮影・保存できます。シャッターボタンを押した後、画面上に「LIVE」表示中は撮影が継続されているので、表示が消えるまでiPhoneをしっかりホールドします。

iPhoneでカメラアプリを起動する
1. 「シャッターボタン」を押します
iPhoneのカメラで「Live Photos」をオンにする
2. 「LIVE」マークが表示中は撮影が継続されています
iPhoneのカメラでLive Photosを撮影中は「LIVE」マークが表示される
3. サウンドが鳴り、「LIVE」マークが消えたら撮影終了です

iPhoneで撮影した「Live Photos」を表示・再生する

iPhoneで撮影した「Live Photos」を表示・再生します。撮影した「Live Photos」は「写真」アプリに保存されますが、撮影後にカメラアプリ上ですぐに表示・再生も可能です。

カメラアプリで撮影後にすぐに表示・再生する

iPhoneで撮影した「Live Photos」をすぐに表示・再生したい場合は、撮影後にカメラアプリ左下に表示されるプレビューをタップすることで撮影した「Live Photos」表示・画面をプレス(強く押す)して再生できます。なお、カメラ撮影画面には「完了」をタップすることで戻ることができます。

iPhoneで写真アプリを起動する
1. 画面左のプレビューをタップします
iPhoneの写真アプリで「Live Photos」アルバムを選択する
2. 画面をプレスする(強く押す)ことで再生できます
iPhoneで「Live Photos」を再生する
3. 「<」をタップしてカメラ撮影画面に戻ります

写真アプリで撮影した「Live Photos」を表示・再生する

iPhoneで撮影した「Live Photos」を表示・再生するには「写真」アプリを起動して、「Live Photos」アルバムを選択します。表示したい写真を選択し、画面をプレスすると写真がサウンド付きで動き出します。

iPhoneで写真アプリを起動する
1. 「写真」アプリを起動します
iPhoneの写真アプリで「Live Photos」アルバムを選択する
2. 再生したい「Live Photos」を選択します
iPhoneで「Live Photos」を再生する
3. 画面をプレス(強く押す)することで再生できます

iPhoneで撮影した「Live Photos」にエフェクトを追加する

「写真」アプリで「Live Photos」を選択し、上にスワイプすることで追加できるエフェクトを表示できます。任意のエフェクトを選択することで、iPhoneで撮影した 「Live Photos」にエフェクトを追加できます。

iPhoneで「Live Photos」にエフェクトを追加する方法について詳細は「iPhoneのLive Photosにエフェクトを追加する」をご覧下さい。

iPhoneで「Live Photos」を上にスワイプする
1. 「Live Photos」を上にスワイプします
iPhoneで「Live Photos」に追加したいエフェクトを選択する
2. 「Live Photos」で追加したいエフェクトを選択します
iPhoneで「Live Photos」のエフェクトを追加する
3. 「Live Photos」にエフェクトを追加できます

「Live Photos」で追加できるエフェクトについて

iOS11では下記3種類のエフェクトを追加できます。エフェクトは自由に変更できるほか、「Live」を選択することで通常の「Live Photos」に戻すことも可能です。

■ ループ

Live Photos ループ

■ バウンス

Live Photos バウンス

■ 長時間露光

Live Photos 長時間露光

iPhoneのカメラで「Live Photos」の設定を保持する

iPhoneのカメラのデフォルト設定では、カメラが常に「Live Photos」がオンの状態で起動します。iPhoneのカメラを起動した際に自動的に「Live Photos」をオンにしたくない場合は、カメラの設定画面から「Live Photos」の設定を保持することで、オフの状態で起動できます。

iPhoneで「Live Photos」を設定を保持する方法は「iPhoneのカメラ起動時にLive Photosを常にオフにする」をご覧下さい。

iPhoneでカメラの設定を保持する
1. 「設定」をタップします
iPhoneのカメラ設定画面で「設定を保持する」をタップする
2. カメラの設定画面で「設定を保持」をタップします
iPhoneで「Live Photos」の設定を保持する
3. 「Live Photos」をオンにします

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/iphone/howto/camera_live_photos.html


このページへのリンクタグ: iPhoneでの「Live Photos(ライブフォト)」の撮影方法と使い方 - iPhone Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV