iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneのカメラでマクロ撮影する

スポンサーリンク

iPhoneのカメラでマクロ撮影する

ここではiPhoneのカメラでマクロ撮影する方法を紹介しています。

iPhoneのカメラでマクロモードを使用して写真・動画を撮影する

iPhoneの標準「カメラ」アプリで、マクロモードを使用して写真や動画を撮影します。

「iPhone 13 Pro」などの超広角レンズでは"マクロ撮影"機能が利用可能となっており、対象から2cmの距離でもピントを合わすことが可能となっています。

マクロ撮影は"写真"モードのほか、ビデオ、スローモーション、タイムラプス撮影で利用できます。

* "マクロ撮影"機能は「iPhone 13 Pro」および「iPhone 13 Pro Max」で利用できます(2021年11月時点)。

目次:
iPhoneの超広角カメラでマクロ撮影する
iPhoneの広角/望遠カメラで自動的にマクロ撮影に切り替える

iPhoneの超広角カメラでマクロ撮影する

iPhoneの「カメラ」アプリを起動し、写真やビデオモードから画面上の[ .5(0.5x) ]をタップして超広角(ウルトラワイド)カメラに切り替えます。超広角カメラを撮影対象に近づけることで"マクロ撮影"が可能です。

iPhoneでカメラを起動する
1. 「カメラ」を起動します
iPhoneで超広角カメラに切り替える
2. 写真やビデオモードで[ 0.5x ]をタップします
iPhoneのカメラでマクロ撮影する
3. 超広角カメラでマクロ撮影が可能です

iPhoneの広角/望遠カメラで自動的にマクロ撮影に切り替える

iPhoneの広角カメラ(1x)や望遠カメラ(3x)を使用している場合でも、自動的に超広角カメラに切り替えてマクロ撮影を行うことが可能です。

カメラの設定画面から「自動マクロ撮影」をオンにする

iPhoneの「設定」アプリから「カメラ」を選択します。「自動マクロ撮影」をオンにすることで、広角カメラや望遠カメラを使用している場合でも、対象に近づくことで自動的に超広角カメラに切り替えてマクロ撮影が可能です。

iPhoneで「設定」アプリを起動する
1. 「設定」をタップします
iPhoneでカメラの設定画面を表示する
2. 「カメラ」を選択します
iPhoneで「自動マクロ撮影」をオンにする
3. 「自動マクロ撮影」をオンにします

広角/望遠カメラ使用中でも自動的にマクロ撮影に切り替わる

iPhoneのカメラ設定で「自動マクロ撮影」がオンの場合、広角カメラ(1x)や望遠カメラ(3x)を使用している場合でも、対象に近づくことで自動的に超広角カメラに切り替えてマクロ撮影が可能です。

iPhoneで「カメラ」アプリを起動する
1. 「カメラ」を起動します
iPhoneの広角/望遠カメラを自動的に超広角カメラ切り替えてマクロ撮影する
2. 広角/望遠カメラを撮影対象に近づけます
iPhoneのカメラを自動的にマクロモードに切り替える
3. 自動的に超広角カメラに切り替わりマクロ撮影が可能です

スポンサーリンク

iPhone 13/13 Proの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV