iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneで4Kビデオ(動画)を撮影・編集する

スポンサーリンク

iPhoneで4Kビデオ(動画)を撮影・編集する

ここではiPhoneで4Kビデオ(動画)を撮影・編集する方法を紹介しています。

iPhoneで4Kビデオ(動画)を撮影します。「iPhone 6s/6s Plus」では12メガピクセルのカメラが搭載され、HDビデオの4倍の解像度(3,840×2,160)で4Kビデオを撮影できます。

また、「iPhone 6s Plus」ではビデオ撮影時に光学式手ぶれ補正が使えるようになり、スムーズな動画が撮影できるようになっています。

* 4K動画の撮影・編集は、iPhone 6s/6s Plusが対応しています。

4Kビデオ撮影での1分間あたりのおよその使用データ容量(ビデオサイズ)

iPhoneでのビデオ撮影時の1分間あたりのおよそのビデオサイズ(使用データ容量)は下記の通りとなっています。

  解像度/フレームレート 1分間のおよそのサイズ
 HDビデオ  720p HD/30fps  60MB
 1080p HD/30fps  130MB
 1080p HD/60fps  200MB
 4Kビデオ  4K/30fps  375MB

* 60fpsのビデオはiPhone 6/6 Plus以降、4KビデオはiPhone 6s/6s Plus以降が対応しています。

iPhoneで4Kビデオを撮影する

iPhoneの「カメラ」アプリで4Kビデオを撮影します。

1. iPhoneの「設定」からカメラのビデオ撮影設定画面を表示する

iPhoneで「設定」アプリを起動し、設定一覧から「写真とカメラ」を選択します。「写真とカメラ」設定画面を表示し、画面下部のカメラ欄から「ビデオ撮影」を選択します。

iPhoneで設定アプリを起動する
1. 「設定」をタップします
iPhoneで写真とカメラの設定画面を表示する
2. 「写真とカメラ」を選択します
iPhoneでカメラの設定画面を表示する
3. 「ビデオ撮影」を選択します

2. iPhoneのビデオ撮影設定で「4K/60fps」を選択する

「写真とカメラ」設定画面から「ビデオ撮影」を選択します。「ビデオ撮影」設定画面で選択できる解像度/フレームレートが一覧表示されるので「4K/60fps」を選択、チェックマークを付けます。

iPhoneで選択可能な動画の解像度・フレームレートが表示される
1. 設定可能な解像度/フレームレートを一覧表示できます
iPhoneでビデオの解像度・フレームレートを選択する
2. 現在選択されている設定にはチェックマークが表示されます
iPhoneのビデオ撮影設定で「4K/30fps」を選択する
3. 「4K/60fps」にチェックを付けます

3. iPhoneの「カメラ」で4Kビデオを撮影する

iPhoneで「カメラ」アプリを起動し、画面下部をスライドして"撮影モード"を「ビデオ」に変更します。ビデオ撮影モードの画面上に"4K"が表示されていることを確認します。

「撮影」アイコンをタップすることで4Kビデオの撮影を開始、「停止」アイコンをタップすることで撮影を終了することができます。

* 4Kビデオ撮影中に「シャッターボタン」をタップすることで写真を撮影することも可能です。

iPhoneでカメラアプリを起動する
1. 「カメラ」アプリを起動します
iPhoneのカメラで4Kビデオを撮影する
2. ビデオ撮影モードで「撮影」アイコンをタップして4Kビデオ撮影を開始できます
iPhoneで4K動画の撮影を終了する
3. 「停止」をタップすることで、撮影を終了できます

iPhoneで撮影した4Kビデオを再生する

iPhoneで撮影した4Kビデオを再生します。

4Kビデオ撮影後にカメラアプリからすぐに再生する

撮影した4Kビデオをすぐに再生したい場合は、撮影後に画面左下の動画プレビューをタップします。「再生」アイコンをタップすることで、撮影した4Kビデオを再生できます。

iPhoneで撮影後すぐに4Kビデオを表示する
1. 画面左下の動画プレビューをタップします
iPhoneのカメラアプリで4K動画を再生する
2. 撮影した4Kビデオの「再生」アイコンをタップして、再生できます
iPhoneで4K動画の再生を完了する
3. カメラ撮影画面に戻るには「完了」をタップします

「写真」アプリから撮影した4Kビデオを再生する

ホーム画面から「写真」アプリを起動します。「アルバム」タブから「ビデオ」を選択、ビデオ一覧を表示できるので再生したい4Kビデオを選択します。「再生」アイコンをタップすることで、撮影した4Kビデオを再生できます。

iPhoneの写真アプリで4K動画を再生する
1. 「写真」アプリを起動します
iPhoneのビデオアルバムから4Kビデオを選択する
2. 「ビデオ」アルバムから、再生したい4Kビデオを一覧から選択します
iPhoneで4K動画を再生する
3. 「再生」アイコンをタップして4Kビデオの再生を開始できます

iPhoneで4Kビデオを編集する

iPhone 6s/6s Plusにインストールされているアップル純正の動画編集アプリ「iMovie」を利用することで、4Kビデオの編集を行うことができます。「iMovie」はバージョン2.2で4Kビデオの編集に対応しています。

「iMovie」アプリで4Kビデオを編集する

「iMovie」アプリは本格的な動画編集を行うことができるアプリです。編集した動画は書き出して「写真」アプリ内にビデオとして保存できるほか、YouTubeへのアップロードなども「iMovie」アプリから行うことができます。

iPhone 6s/6s Plusで「iMovie」を起動する
1. 「iMovie」をタップします
iPhone 6s/6s Plusで「iMovie」で4Kビデオを再生する
2. 「iMovie」アプリを使うことで本格的なビデオ編集が可能です
iPhone 6s/6s Plusで「iMovie」で4Kビデオを編集する
3. 本格的なビデオ編集が可能です

「写真」アプリで4Kビデオを簡易編集する

「写真」アプリと「iMovie」を連携することで、「写真」アプリから4K動画を簡易編集することも可能です。「写真」アプリを起動して、編集したい動画を選択、画面上部の「編集」をタップします。動画の編集画面下部の「・・・」をタップして「iMovie」をタップすることで、「iMovie」による動画の簡易編集画面を表示できます。

iPhone 6s/6s Plusの写真アプリで4K動画を編集する
1. 「写真」をタップします
iPhone 6s/6s Plusの写真アプリで「iMovie」アプリと連携して4Kビデオを編集する
2. 動画の編集画面下部の「・・・」をタップして「iMovie」を選択します
iPhone 6s/6s Plusで4K動画の簡易編集をする
3. 4Kビデオの簡易編集が可能です

iPhone 6s/6s Plusでは無料で「iMovie」アプリをダウンロード可能

「iMovie」がプリインストールされていないiPhone 6s/6s Plusでは、App Storeから無料ダウンロードできます。

ホーム画面上の「App Store」をタップし、「おすすめ」タブ下部にあるナビリンク内の「Apple App」を選択します。アップル純正アプリ一覧が表示されるので、「iMovie」の「入手」をタップしてダウンロードを開始できます。

iPhone 6s/6s PlusでApp Storeを起動する
1. 「App Store」をタップします
iPhone 6s/6s PlusのApp Storeで「Apple App」を選択する
2. おすすめタブ内の「Apple App」をタップします
iPhone 6s/6s Plusで「iMovie」を無料ダウンロードする
3. 「iMovie」の「入手」をタップします

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV