HOME > iPhone > iPhoneの使い方 >

本ページ内には広告が含まれます

iPhoneでビデオ撮影時にライトを常時点灯する

ここではiPhoneでビデオ撮影時にライトを常時点灯する方法を紹介しています。

iPhoneでビデオ撮影時にライトを常時点灯する

iPhoneの標準カメラでビデオ・動画を撮影する際に、暗い場合などにライトを常時点灯しながら撮影することができます。

周囲が暗い場合に自動でオン・オフにすることが可能なほか、周囲が明るい場合などでもライトを手動で点灯(強制オン)させてビデオ・動画撮影することも可能です。

目次:
ビデオ撮影時にライトを常時点灯(強制オン)する
ビデオ撮影時に暗い場合に自動でライトをオンにする

ビデオ撮影時にライトを常時点灯(強制オン)する

iPhoneのカメラでビデオ(動画)を撮影する際に、明るい・暗い場所に関わらずライトを常時点灯します。

1. 「ビデオ」撮影モードなどで設定画面を表示する

iPhoneで「カメラ」アプリを起動します。「ビデオ」撮影モードなどで画面を上にスワイプすることで、設定画面を表示できます。

iPhoneのカメラでビデオライトの設定画面を表示する
1. 「カメラ」を起動します
iPhoneでビデオ撮影時にライトを点灯させる
2. 撮影モードで「ビデオ」などを選択します
iPhoneのカメラで動画撮影時にライトを常時点灯する
3. 画面を上にスワイプします。

2. ライトをオンにしてビデオ撮影を開始する

フラッシュ(ライト)のアイコンをタップして「オン」を選択することで、ライトを"常時点灯(強制オン)"にすることができます。ライトがオンになるので「録画」ボタンを押すことで、ライトを常時点灯したままビデオ撮影を開始できます。

なお、ライトを消すには、ビデオ撮影終了後に「フラッシュ(ライト)」アイコンをタップします。

iPhoneのカメラでビデオライトを強制的にオンにする
1. 「フラッシュ(ライト)」のアイコンをタップします
iPhoneのカメラでライトをオンにしたままビデオを撮影する
2. 「オン」をタップします
iPhoneのカメラでライトを付けたまま動画を撮る
3. ライトが常時点灯するので撮影を開始します

ビデオ撮影時に暗い場合に自動でライトをオンにする

iPhoneのカメラでビデオ(動画)を撮影する際に、暗い場所の場合に自動でライトをオンにしたい場合は、フラッシュ(ライト)の設定画面で「フラッシュ自動」を選択します。

ビデオ撮影時に暗い場所の場合は、「録画」ボタンを押すと同時にライトが自動で点灯し、撮影を終了すると自動でライトがオフになります。

iPhoneのカメラでビデオ撮影時に自動でライトをオンにする
1. フラッシュ(ライト)の設定で「自動」を選択します
iPhoneのカメラで動画撮影時にライトを自動でオンにする
2. 暗い場所などでライトが自動でオンになります
iPhoneのカメラで動画撮影時にライトを自動でオフにする
3. 撮影を終了するとライトが自動でオフになります

ライトの設定が"自動"の場合のアイコンの見方

iPhoneのカメラでビデオ撮影モードを選択時に、画面の左上にある「フラッシュ(ライト)」のアイコンからビデオ撮影時のライトの設定を確認できます。

アイコンが黄色の場合は撮影を開始すると自動でライトがオンになり、黄色になっていない場合はオフのままです。斜線が入っている場合はライトは禁止となっており、自動でオンになることはありません。

■ ライトON

iPhoneでビデオ撮影を開始時に自動でライトが点灯する
撮影を開始するとライトが点灯します

■ ライトOFF

iPhoneでビデオ撮影を開始時に自動でライトが点灯しない
撮影を開始してもライトは点灯しません

■ ライト禁止

iPhoneでビデオ撮影を開始時に自動でライトを点灯させない(禁止)
ライトが自動でオンになることはありません

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/06/13 17:10

【Kindleセール】人気Kindleマンガ最大49%ポイント還元

 更新日時:2024/06/13 17:00

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV