iPad > iPadの使い方 > イヤフォンジャックのないiPad Proで3.5mmプラグのイヤフォンを接続する

スポンサーリンク

イヤフォンジャックのないiPad Proで3.5mmプラグのイヤフォンを接続する

ここではイヤフォンジャックのないiPad Proで3.5mmプラグのイヤフォンを接続する方法を紹介しています。

USB-Cを搭載した「iPad Pro 11インチ/12.9インチ(第3世代)」では"3.5mmヘッドフォンジャック"が廃止されたため、一般的な3.5mmステレオミニプラグのイヤフォン(ヘッドフォン)は直接接続することはできません。

別途USB-Cを3.5mmヘッドフォンジャックに変換するアダプタを使用することで、3.5mmステレオミニプラグのイヤフォン(ヘッドフォン)をiPadに接続することができます。

目次:
USB-Cを3.5mmイヤフォンジャックに変換してイヤフォンを接続する
変換アダプタを使用してもiPad本体のスピーカーで音が出る場合

USB-Cを3.5mmイヤフォンジャックに変換してイヤフォンを接続する

USB-C搭載の『iPad Pro』の11インチ/12.9インチ(第3世代)には、USB-Cを3.5mmヘッドフォンジャックに変換するアダプタが同梱されていないので、別途購入する必要があります。

アップルから純正アダプタ「USB-C - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が用意されており、この変換するアダプタを使用することで、ヘッドフォンジャックのないiPad Proで一般的な3.5mmプラグのイヤフォンを接続することができます。

USB-C - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

USB-C - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

参考価格:1,000円(税別)

Apple Storeで詳細を見る

iPad ProのUSB-Cコネクタに変換アダプタを接続し、アダプタを経由して3.5mmプラグのイヤフォンを接続することで、イヤフォンから音が再生されるようになります。

USB-C搭載iPad Proに3.5mmミニプラグのイヤフォンを接続する

変換アダプタを使用してもiPad本体のスピーカーで音が出る場合

「iPad Pro 11インチ/12.9インチ(第3世代)」ではUSB-Cでのアナログオーディオ出力に対応していないため、デジタル出力をアナログ出力に変換する"DAC"非搭載の変換アダプタを使用した場合、イヤフォンから音は再生されずに本体のスピーカーから音が再生されてしまいます。

そのため、アップル純正以外のサードパーティー製の「USB-C ⇔ 3.5mmヘッドフォンジャック」変換アダプタを使用する際は、iPad Proに対応していることを確認してから購入・使用してください。

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV