iPad > iPadの使い方 > iPad Air/miniで「Wi-Fiアシスト」をオフ(無効)にする

スポンサーリンク

iPad Air/miniで「Wi-Fiアシスト」をオフ(無効)にする

ここではiPad Air/miniで「Wi-Fiアシスト」をオフ(無効)にする方法を紹介しています。

iPad Air/iPad miniで「Wi-Fiアシスト」をオフ(無効)にします。「Wi-Fiアシスト」は、モバイルデータ通信が可能なセルラー版iPadでWi-Fi接続が不安定になった場合に、自動的にモバイルデータ通信に切り替えて通信を安定させることができる機能となっています。

デフォルトでは「Wi-Fiアシスト」がオン(有効)になっていますが、モバイルデータ通信量が増加する原因にもなるので、自動的にモバイルデータ通信に切り替えたくない場合はオフ(無効)にすることも可能です。

* Wi-FiアシストはiOS9搭載iPadで利用できます。

Wi-Fiアシストについての主な特徴・注意点

「Wi-Fiアシスト」についての主な特徴・注意点は下記の通りです。

・ モバイルデータ通信が利用できるiOS9搭載のセルラー版iPadで利用可能
・ Wi-Fiアシストはデフォルト(初期状態)でオンになっている
・ セルラー版iPad 2、iPad(第3世代)、iPad miniではiOS9搭載でも利用不可
・ Wi-Fiアシストが有効となっている場合は、モバイルデータ通信のアイコンがiPadのステータスバー上に表示される
・ Wi-Fiアシストはデータローミング中は適用されない
・ Wi-Fiアシストは使用中のアプリでのみ適用となり、バックグラウンドでは適用されない
・ Wi-Fiアシストは大量のデータ通信を行う可能性のあるサードパーティー製アプリ、音楽・ビデオストリーミングやEメールアプリなどでの添付データのダウンロードなどには適用されない

「Wi-Fiアシスト」についての詳細はアップルのサポートページにてご確認ください。

iPad Air/miniで「Wi-Fiアシスト」を無効にする

iPad Air/iPad miniで「Wi-Fiアシスト」を無効にします。

1. iPadで「モバイルデータ通信」の設定画面を表示する

iPad Air/iPad miniのホーム画面で「設定」をタップします。一覧から「モバイルデータ通信」を選択して、モバイルデータ通信の設定画面を表示します。

iPad/iPad miniで設定をタップする
1. 「設定」をタップします
iPad/iPad miniのWi-Fi設定画面で「TATEYAMA_FREE_WI-FI」を選択する
2. 「モバイルデータ通信」を選択します

2. iPadの「Wi-Fiアシスト」をオフ(無効)にする

モバイルデータ通信設定画面をスクロールし、「Wi-Fiアシスト」をオフにします。「Wi-Fiアシスト」をオフにすることで、Wi-Fi接続が不安定になった場合も自動的にモバイルデータ通信に切り替わることがなくなります。

iPad Air/iPad miniで「TATEYAMA_FREE_WI-FI」のパスワードを入力する
1. 画面をスクロールします
iPad/iPad miniを「TATEYAMA_FREE_WI-FI」のWi-Fiネットワークに接続する
2. 「Wi-Fiアシスト」をオフにします

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV