iPad > iPadの使い方 > iPadで写真・画像を回転(表示向きを変更)する

スポンサーリンク

iPadで写真・画像を回転(表示向きを変更)する

ここではiPadで写真・画像を回転(表示向きを変更)する方法を紹介しています。

iPadの「写真」アプリで、写真・画像を回転します。写真・画像の表示向きがおかしい場合でも、写真・画像を回転させることで適切な表示向きに変更することができます。

目次:
iPadの写真アプリで写真・画像を回転して表示向きを変更する
iPadの写真アプリで回転した写真・画像を元の向きに戻す

iPadの写真アプリで写真・画像を回転して表示向きを変更する

iPadの「写真」アプリで写真・画像を回転して、表示向きを変更します。

1. 「写真」アプリで回転させたい写真・画像を選択する

iPadのホーム画面から「写真」アプリを起動します。回転させたい写真・画像を選択します。

iPad/iPad miniで写真アプリを起動する
1. 「写真」アプリを起動します
回転させたい写真を選択する
2. 回転させたい写真・画像を選択します

2. 写真・画像のトリミング編集画面を表示する

画面上部の「編集」をタップして、写真・画像の編集画面を表示します。下部の「トリミング」アイコンをタップすることで、トリミング編集画面を表示できます。

iPad/iPad miniで写真の編集画面を表示する
1. 画面上部の「編集」をタップします
iPad/iPad miniの写真アプリでトリミング編集画面を表示する
2. 「トリミング」アイコンをタップします

3. 写真・画像を回転して表示向きを変更する

トリミング編集画面内にある「回転」アイコンをタップすることで、反時計回りに90度づつ写真・画像を回転させることができます。

写真・画像を回転させ適切な表示向きに変更後、画面右下の「チェック」アイコンをタップすることで、表示向きを変更した写真・画像を保存できます。

iPad/iPad miniで写真を回転する
1. 「回転」アイコンをタップし、適切な表示向きに変更後、「チェック」アイコンをタップします
iPad/iPad miniの写真アプリで写真の表示向きを変更する
2. 回転して表示向きを変更した写真・画像が保存されます

iPadの写真アプリで回転した写真・画像を元の向きに戻す

iPadの「写真」アプリで回転した写真・画像を、元の表示向きに戻します。

写真・画像の回転を取り消し、元の表示向きに戻す

回転し表示向きを変更した写真・画像でも、再度「編集」をタップして、トリミング編集画面から「戻す」をタップすることで、写真・画像の回転による表示向きの変更を取り消し、元の写真・画像の表示向きに戻すことができます。

戻す
1. 再度トリミング画面を表示し、「戻す」をタップします
iPad/iPad miniの写真アプリで回転させた画像を元に戻す
2. 「チェックマーク」アイコンをタップして、変更を保存します

回転を含むすべての編集内容を削除(取消)し、オリジナルに戻す

"回転"の他、明るさ・コントラストの調整やフィルター加工なども含め、すべての編集内容を削除(取消)してオリジナルの写真・画像に戻したい場合は、「編集」画面から「元に戻す」をタップします。

「オリジナルに戻す」をタップすることでオリジナル写真・画像に戻すことができます。

元に戻す
1. 「元に戻す」をタップします
オリジナルに戻す
2. 「オリジナルに戻す」をタップします

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV