iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneのSafariでページのHTMLソースを表示する

スポンサーリンク

iPhoneのSafariでページのHTMLソースを表示する

ここではiPhoneのSafariでページのHTMLソースを表示する方法を紹介しています。

iPhoneの「Safari」アプリで"ページのHTMLソース"を表示します。iOS8で追加されたSafari Extensions(Safari拡張)機能を利用し、ページのソース表示アプリと連携することで、「Safari」アプリでページのソースを表示することができます。

iPhoneの「Safari」でページのソースを表示できるアプリ

iPhoneの「Safari」でページのソースを表示できる、Safari Extensions(Safari拡張)機能対応のHTMLソース表示アプリをApp Storeからダウンロードします。

View Source

View Source – HTML, JavaScript and CSS

カテゴリ:ユーティリティ

価格:100円

Source Extension for Safari

Source Extension for Safari

カテゴリ:ビジネス

価格:100円

iPhoneの「Safari」アプリでページのソースを表示する

iPhoneの「Safari」アプリから閲覧中のWebページのソースコードを表示します。

1. iPhoneの「Safari」アプリで「アクティビティ」画面を表示する

iPhoneで「Safari」アプリを起動します。画面下部中央にある「アクション」アイコンをタップし、拡張メニューから「その他」を選択します。

iPhoneのSafariでアクアションアイコンをタップする
1. 「Safari」アプリで画面下部の「アクション」アイコンをタップします
Safariの拡張メニューをスライドする
2. 拡張メニューを左フリックします
Safariの拡張メニューでその他をタップする
3. 「その他」をタップします

2. iPhoneの「Safari」アプリでページのソースを表示する

アクティビティ画面に拡張機能に対応したアプリが一覧表示されるので、iPhoneにダウンロードしたソース表示アプリ(View Source/Sourceなど)をオンにし、「完了」をタップします。

拡張メニューに表示されるソース表示アプリ(View Source/Sourceなど)をタップすることで、ページのソースを表示することができます。

View Sourceアプリをオンにする
1. ソース表示アプリをオンにし、「完了」をタップします
Safariでページのソース表示アプリをタップする
2. ソース表示アプリ(View Source/Sourceなど)をタップします
iPhoneのSafariでページのHTMLソースを表示する
3. ページのソースが表示されます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV