iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneのSafariとLINEを連携してWebページをシェア(共有)する

スポンサーリンク

iPhoneのSafariとLINEを連携してWebページをシェア(共有)する

ここではiPhoneのSafariとLINEを連携してWebページをシェア(共有)する方法を紹介しています。

iPhoneの「Safari」と「LINE」を連携して、「Safari」で表示中のWebページを友だちにシェア(共有)します。iPhoneの「Safari」で共有メニューに「LINE」を追加することで、表示しているWebページのURLをLINEの友だちに直接送信することができます。

* iOS8以降搭載のiPhone、及びLINEのバージョン 5.2.0以降が必要です。

1. iPhoneの「Safari」で共有メニューを表示する

iPhoneで「Safari」アプリを起動します。LINEの友だちにシェア(URLを送信)したいWebページを表示して、画面下部中央にある「アクション」アイコンをタップします。

iPhoneでSafariアプリを起動する
1. 「Safari」アプリを起動します
iPhoneのSafariで共有アイコンをタップする
2. 画面下部の「アクション」アイコンをタップします
iPhoneのSafariで共有メニューを表示する
3. 共有メニューを表示します

2. iPhoneの「Safari」で共有メニューに「LINE」を追加する

iPhoneの「Safari」アプリの共有メニューから「その他」をタップし、アクティビティ画面を表示します。アクティビティ画面で「LINE」を"オン"にした後「完了」をタップして画面を閉じると、共有メニューに「LINE」が追加されます。

* 共有メニューへの「LINE」の追加作業は初回のみ必要となります。

iPhoneのSafariの共有メニューでその他をタップする
1. 共有メニューから「その他」をタップします
iPhoneのSafariの共有メニューにLINEを追加する
2. 「LINE」をオンにして「完了」をタップします
Safariの共有メニューにLINEが追加される
3. 「LINE」が共有メニューに追加追加されます

3. iPhoneの「Safari」でLINEの共有画面を表示する

iPhoneの「Safari」アプリの共有メニューに追加された「LINE」アイコンをタップすることで、表示中WebページのLINE友だちへの共有画面を表示できます。

デフォルトでは表示中のWebページのタイトルがメッセージ欄に入力されているので、変更したい場合はタップして友だちへのメッセージを入力します。送信するLINEの友だちを選択するには、下部の「送信先」をタップします。

iPhoneのSafariの共有メニューでLINEを選択する
1. 共有メニューから「LINE」をタップします
Safariで閲覧中のWebページの送信画面が表示される
2. Webページのタイトルは任意のメッセージに変更できます
表示中Webページを送信したいLINEの友だちを選択する
3. 送信する友だちを選択するには「送信先」をタップします

4. 「Safari」で表示中のWebページを「LINE」の友だちに送信する

「連絡先」画面から送信したい友だちを選択し、「送信」をタップします。「Safari」アプリで表示中のWebページを選択したLINEの友だちに送信(シェア)することができます。

なお、送信履歴は「LINE」アプリの選択した友だちとのトークルーム内で確認できます。

iPhoneのSafariで表示中のWebページをシェアしたいLINE友だちを選択する
1. 送信したい友だちを選択します
Safariで閲覧中のWebページをLINEの友だちに送信する
2. 「送信」をタップすると選択したLINEの友だちに送信されます
送信履歴はLINEのトークルームで確認可能
3. 送信履歴は「LINE」アプリで確認できます

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV