iPhone > iPhoneの使い方 > 『iOS14』の主な新機能の使い方

スポンサーリンク

『iOS14』の主な新機能の使い方

ここではiPhoneでの『iOS14』の主な新機能の使い方を紹介しています。

iOS14の新機能の使い方

ホーム画面

iPhoneでの「Appライブラリ」の使い方
ホーム画面の最後のページにある「Appライブラリ」では、iPhone内のアプリが自動的にカテゴリ別にフォルダに振り分けられるので、任意のアプリを素早く探すことができます。
iPhoneのホーム画面で一部のページを非表示にする
『iOS14』搭載のiPhoneでは、ホーム画面の任意のページを非表示にすることができます。非表示にしたページはいつでも再表示可能です。
iPhoneのホーム画面でアプリのアイコンを非表示にする
『iOS14』搭載のiPhoneでは、アプリを削除せずにホーム画面上にあるアイコンのみ非表示にすることができます。

ホーム画面

iPhoneでの「ウィジェット」の設定方法と使い方
「ホーム」や「今日」画面にウィジェットを追加しておくことで、アプリを起動せずに天気やニュースを確認したり、公共交通機関の運行状況の確認などをすばやく行うことが可能です。
iPhoneでウィジェットをホーム画面に追加・表示する
iPhoneのホーム画面に"ウィジェット"を追加・表示します。ウィジェットは複数のサイズから選択可能で、ホーム画面上の任意の場所に配置することができます。

ピクチャ・イン・ピクチャ

iPhoneでの「ピクチャ・イン・ピクチャ」の使い方
ピクチャ・イン・ピクチャ機能を利用することで、iPhoneで動画の視聴やビデオ通話をしながら、他のアプリを使用することができます。

アプリ

iPhoneでアプリを一覧表示する
iPhoneにインストールされているアプリを一覧表示します。アプリを一覧表示して任意のアプリを起動したり、削除することも可能です。

アクセシビリティ

iPhoneの背面をタップして特定の機能を呼び出す
iPhoneの背面をタップして、特定の機能(コントロールセンターを表示やスクリーンショット撮影など)を実行することができます。
iPhoneの「背面タップ」で任意のアプリを起動する
「ショートカット」アプリで任意のアプリのショートカットを作成することで、iPhoneの背面を"ダブルタップ"および"トリプルタップ"した際にそれぞれ別のアプリを起動させることができます。

ブラウザ

iPhoneのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に変更(設定)する
iPhoneのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に設定すると、「メール」「メモ」「マップ」アプリなどでリンクをタップした場合や、SiriでWeb検索した場合などに「Google Chrome」が起動します。
iPhoneのデフォルトブラウザを「Microsoft Edge」に設定する
iPhoneの標準のブラウザアプリは「Safari」となっていますが、デフォルトブラウザアプリをマイクロソフト社が提供する「Microsoft Edge」アプリに変更することができます。
iPhoneのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更する
iPhoneのデフォルトブラウザを「Firefox」に設定することで、「メール」「メモ」「マップ」アプリや「Siri」でリンクを開いた場合などに「Firefox」で表示することができます。

メール

iPhoneのデフォルトメールアプリを「Gmail」に変更・設定する
『iOS14』搭載のiPhoneでは、デフォルトのメールアプリをGoogleが提供する「Gmail」アプリに変更することが可能です。
iPhoneのデフォルトメールアプリを「Gmail」に変更・設定する
iPhoneのデフォルトのメールアプリを、マイクロソフト社が提供するメールアプリ「Microsoft Outlook」に変更します。

カメラ

iPhoneのフロントカメラで左右反転して写真や動画を撮影する
写真やビデオを左右反転して撮影すると、カメラ画面上に表示されている通りに写真やビデオを撮影することができます。

スポンサーリンク

iPhone 12/12 Proの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV