iPhone > iPhoneの使い方 > Apple Payの使い方 > お店での支払いにiPhoneのApple Pay(クレジットカード)を利用する

スポンサーリンク

お店での支払いにiPhoneのApple Pay(クレジットカード)を利用する

ここではお店での支払いにiPhoneのApple Pay(クレジットカード)を利用する方法を紹介しています。

iPhone 7/7 PlusのApple Payにクレジットカードを追加することで、「iD」または「QUICPay」が使えるお店での買い物などの支払いを行うことができます。クレジットカードをApple Payに追加すると自動的に「iD」または「QUICPay」が割り振られるので、それぞれの加盟店舗にて利用可能です。

iPhoneでApple Payにクレジットカードを追加する

iPhoneのApple Payにクレジットカードを追加することで、iD/QUICPay加盟の店舗での買い物やSuicaへのチャージ、対応アプリ内やWeb上でのオンライン決済に使用することが可能です。

iPhoneの「Wallet」アプリでクレジットカードを読み込むことで、簡単にApple Payに追加することができます。

iPhoneの「Wallet」アプリでApple Payにクレジットカードを追加する方法については「iPhoneでApple Payにクレジットカードを追加(設定)する」をご覧下さい。

iDとQUICPay

iPhoneのApple Payにクレジットカードを追加すると、クレジットカードごとに「iD」または「QUICPay」が割り当てられます。クレジットカードの発行会社により、どちらに割り振られるかが決まります。

「Wallet」アプリのクレジットカード上のロゴでも、どちらが利用可能となったか判別できます。

QUICPay
iD
・ JCB
・ オリコ
・ クレディセゾン
・ ビューカード
・ 三菱UFJニコス
・ au WALLETクレジットカード
・ TS CUBIC CARD
・ 楽天カード
・ ヤフーカード
・ アメックス
・ エポス
・ ジャックス
・ dカード
・ イオンカード
・ 三井住友カード
・ ソフトバンクカード
・ ライフカード
・ セディナカード

iD・QUICPayが利用できるお店

iPhoneのApple Payにクレジットカードを追加すると、自動的に「iD」または「QUICPay」にクレジットカードごとに振り分けられるので、それぞれの加盟店舗にてiPhoneでのタッチ決済が可能です。

■ iD/QUICPay 両方使える主なお店

コンビニ
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、サークルK・サンクス、ミニストップ、ポプラ、セイコーマート、デイリーヤマザキ
スーパー
イオン、イトーヨーカドー、アピタ、ピアゴ、平和堂、マックスバリュ
ドラックストア
ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ウェルネス、キリン堂、富士薬品ドラッグストアグループ、新生堂、サーバ
ディスカウント
ドン・キ・ホーテ
グルメ
マクドナルド、ガスト、ジョナサン、バーミヤン、すき家、ロイヤルホスト、コメダ珈琲店、CoCo壱番屋、かっぱ寿司、海鮮三崎港
家電量販店
ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラ、エディオン、ジョーシン
タクシー
東京無線タクシー、日本交通、チェッカーキャブ
ガソリンスタンド
エッソ・モービル・ゼネラル、ENEOS
その他
ザ・ダイソー

* 一部利用できない店舗があります。

■ iD のみ使える主なお店

スーパー
サミット
ドラックストア
クスリのアオキ、薬王堂
グルメ
和民、笑笑、魚民、白木屋、はなの舞、プロント、牛角、安楽亭
本・CD・DVD
タワーレコード、ブックオフ
カラオケ
ビックエコー、シダックス

* 一部利用できない店舗があります。

■ QUICPay のみ使える主なお店

カラオケ
ジャンカラ、スーパージャンカラ
本・CD・DVD
HMV、古本市場
ガソリンスタンド
昭和シェル石油

* 一部利用できない店舗があります。

iPhoneの「Wallet」でメインカードを設定する

iPhoneのApple Payに複数のカードを追加している場合、"メインカード"として設定しているカードが、Apple Pay使用時に自動的に選択されます。

よく利用するカードを選択しておくことで、お店などでスムーズに支払いを行うことができます(メインカード以外を選択しての支払いも可能です)。

iPhoneでApple Payのメインカードを設定・変更する方法については「iPhoneのApple Payでメインカードを設定・変更する」をご覧下さい。

iPhoneで「Wallet」アプリを起動する
1. ホーム画面から「Wallet」アプリをタップします
iPhoneの「Wallet」アプリでメインカードを設定する
2. メインカードにしたいカードをドラッグして一番前に移動します
iPhoneの「Wallet」アプリでメインカードは一番前に表示される
3. 一番前のカードがメインカードとして設定されます

iPhoneのApple Pay(クレジットカード)でお店の支払いをする

iPhoneのApple Payに追加したクレジットカードを利用して、「iD」または「QUICPay」加盟店での支払いを行います。

メインカードに設定しているクレジットカードで支払う場合

お店のレジで店員に「iD」または「QUICPay」で支払うことを伝え、指示に従ってICリーダー(読み取り部分)にiPhoneをタッチします。「Wallet」アプリが起動するとメインカードに設定しているクレジットカードが選択されるので、「ホームボタン」に指を触れて指紋認証(Touch ID認証)することで、支払いを行うことができます。

iPhoneを「iD/QUICPay」加盟店のICリーダーにかざす
1. iPhoneをICリーダー(読み取り部)にかざします
iPhoneでApple Pay(iD/QUICPay)のTouch ID認証をする
2. 「ホームボタン」に指を触れてTouch ID認証します
iPhoneのApple Pay(クレジットカード)でお店で支払いをする
3. 購入が完了すると、支払い情報が通知されます

メインカードに設定していないクレジットカードで支払う場合

お店のレジで店員に「iD」または「QUICPay」で支払うことを伝え、「Wallet」アプリを起動して、支払いに利用したいクレジットカードを選択します。「ホームボタン」を指で触れて、Touch ID(指紋)認証を行ってからICリーダー(読み取り部分)にiPhoneをタッチすることで、選択したクレジットカードで支払いを行うことができます。

iPhoneの「Wallet」アプリから支払いに利用したいクレジットカードを選択する
1. 「Wallet」アプリを起動して、クレジットカードを選択します
iPhoneのホームボタンに指で触れてTouch ID認証を行う
2. ホームボタンを指で触れて、Touch ID認証を行います
iPhoneをお店のICリーダーにかざしてクレジットカードで支払いをする
3. ICリーダーにiPhoneをかざして、支払いを行います

ロック中のiPhoneで「Wallet」アプリを素早く起動する

iPhoneがロック中の場合でも、「ホームボタン」をダブルクリックすることで「Wallet」アプリを起動することができます。メインカードとして設定しているカードが選択された状態で起動されるので、Touch ID認証して、iPhoneをICリーダーにかざすことで支払いを行うことができます。

* ロック中に指紋登録している指で「ホームボタン」をダブルクリックすることで、「Wallet」アプリの起動とTouch ID認証を同時に行うことができるので、素早く支払いできます。

* ロック中に「Wallet」アプリが起動できない場合は、「設定」から「WalletとApple Pay」を選択して、「ホームボタンをダブルクリック」をオンにします。

iPhoneで「WalletとApple Pay」設定画面を表示する
1. 設定で「ホームボタンをダブルクリック」をオンにします
iPhoneのホームボタンをダブルクリックして「Wallet」アプリを起動する
2. ロック中に「ホームボタン」をダブルクリックします
ロック中のiPhoneで「Wallet」アプリを素早く起動する
3. 「Wallet」アプリを素早く起動できます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV