iPad > iPadの使い方 > iPadでの「Slide Over(スライドオーバー)」機能の使い方

スポンサーリンク

iPadでの「Slide Over(スライドオーバー)」機能の使い方

ここではiPadでの「Slide Over(スライドオーバー)」機能の使い方を紹介しています。

iPad(iPad Pro/Air/mini)のマルチタスキング機能の1つである"Slide Over(スライドオーバー)機能"を利用することで、任意のアプリを起動中に2つ目のアプリを起動して、同時表示・操作が可能です。

iOS11ではアプリ間でドラッグ&ドロップによる画像やファイルの移動することが可能となっており、写真アプリから画像をドラッグ&ドロップでメールに添付することなども可能です。

* iOS11の場合はiPad Pro、iPad Air以降のiPad、iPad mini 2以降のiPad miniで利用できます。

iPadのSlide Over機能でアプリ起動中に他のアプリを開く

iPadの「Slide Over」機能で、アプリ起動中に他の(2つ目の)アプリを開くには、画面下からスワイプしてドック(Dock)を表示します。

iPad Air/iPad miniで画面右端からスライドする

表示したドック(Dock)から起動したいアプリをドラッグして、画面上にドロップします。

iPad Air/iPad miniで「Slide Over」画面からアプリを選択する

すでに起動しているアプリを開いたまま、2つ目のアプリを起動して表示・操作できます。

iPad Air/iPad miniでSlide Over画面からアプリを起動する

2つ目のアプリ画面は上部のバーをスライドすることで、右端・左端に画面を移動することが可能です。

iPad Air/iPad miniで2つ目のアプリを起動する

同時表示しているアプリ間で画像やファイルをドラッグ&ドロップする

iOS11搭載iPadでは、同時に表示している2つのアプリ間でドラッグ&ドロップすることで、画像やファイルを移動することができます。

iPadでのドラッグ&ドロップの使い方については「iPadでのドラッグ&ドロップの使い方」をご覧ください。

iPad Air/iPad miniのSplit View機能で分割比を変更する

iPadのSlide Over機能で開いたアプリを切り替える

iPadの「Slide Over」機能で開いた2つ目のアプリを切り替えて他のアプリを開くには、画面下部から上にスワイプしてドック(Dock)を表示します。

iPad Air/iPad miniのSlide Over機能で開いたアプリ上部からスワイプする

ドック(Dock)から起動・表示したいアプリを画面にドラッグすると、開いている2つ目のアプリが自動的に閉じられます。

iPad Air/iPad miniのSlide Over画面で開きたいアプリを選択する

2つ目のアプリを切り替えることができます。

iPad Air/iPad miniのSlide Over機能でアプリを切り替える

iPadのSlide Over機能で開いたアプリを閉じる

iPadの「Slide Over」機能で開いた2つ目のアプリを閉じるには、2つ目のアプリ画面上のバーを右端にスライドします。

iPad Air/iPad miniのSlide Over機能で開いたアプリ左端から右方向にスワイプする

2つ目のアプリ画面が閉じられ、1つ目のアプリ画面のみを表示できます。

iPad Air/iPad miniのSlide Over機能で開いたアプリを閉じる

最後に閉じた2つ目のアプリを再度表示する

最後に閉じた2つ目のアプリを再度表示したい場合は、画面右端から左にスワイプします。

iPad Air/iPad miniのSlide Over機能で開いたアプリ左端から右方向にスワイプする

最後に閉じた2つ目のアプリを再度表示・操作できます。

iPad Air/iPad miniのSlide Over機能で開いたアプリを閉じる

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV