iPad > iPadの使い方 > iPadでのピクチャ・イン・ピクチャ機能の使い方

スポンサーリンク

iPadでのピクチャ・イン・ピクチャ機能の使い方

ここではiPadでのピクチャ・イン・ピクチャ機能の使い方を紹介しています。

iPad(iPad Pro/Air/mini)のマルチタスキング機能の1つである"ピクチャ・イン・ピクチャ機能"を利用することで、ビデオ画面やビデオ通話画面などを縮小表示しながら、他のアプリを使用することができます。

「FaceTime」アプリでのビデオ通話中や、「ビデオ」や「Hulu」アプリでのビデオ再生中などに画面縮小して、ビデオ通話や再生を続けながら他のアプリを操作できます。

* iOS11の場合はiPad Pro、iPad Air以降のiPad、iPad mini 2以降のiPad miniで利用できます。

ビデオ再生・通話しながら他のアプリを表示・操作する

iPadの「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能を利用するには、「FaceTime」アプリでのビデオ通話中や「ビデオ」アプリでの動画の再生中に、「ホームボタン」または「縮小」アイコンをタップします。

iPadでビデオアプリで動画再生中にホームボタンを押す

ビデオ通話やビデオの再生画面などを縮小表示することができます。

iPadでビデオ再生しながら他のアプリを起動する

ホーム画面やドック(Dock)から任意のアプリを起動することで、ビデオ通話・再生画面を縮小表示しながら他のアプリを表示・操作することができます。

iPadでビデオを縮小再生しながら他のアプリを操作する

ビデオ再生・通話画面を移動する・サイズを変更する

縮小されたビデオ通話や動画の再生画面は、iPadの画面上で表示位置を変更したり、画面サイズを変更することができます。

FaceTimeのビデオ通話やビデオの再生画面のサイズを変更する

縮小表示されているFaceTimeのビデオ通話や動画の再生画面のサイズは、ピンチ操作で大きくしたり小さくすることができます。

iPadでピクチャ・イン・ピクチャの画面のサイズを変更する

FaceTimeのビデオ通話やビデオの再生画面を移動する

縮小表示されているFaceTimeのビデオ通話や動画の再生画面は、iPadのスクリーン上の上下左右端に移動したり、スクリーン左右端に一時的に隠すことなども可能となっています。

iPadでピクチャ・イン・ピクチャの画面を移動する

ビデオ再生・通話画面に戻る・閉じる

縮小表示されているビデオ通話や動画の再生画面をタップすることで、コントローラ(拡大・再生/一時停止・閉じる)を表示できます。

FaceTimeのビデオ通話やビデオの再生画面に戻る

縮小表示されているビデオ通話や動画の再生画面上をタップしてコントローラを表示、左にある「拡大」アイコンをタップすることで、「FaceTime」アプリや「ビデオ」アプリの画面に戻ることができます。

iPadでピクチャ・イン・ピクチャで縮小した画面のサイズを拡大する

FaceTimeのビデオ通話やビデオの再生画面を閉じる

縮小表示されているビデオ通話やビデオの再生画面上をタップしてコントローラを表示、右にある「×(閉じる)」アイコンをタップすることで、画面を閉じることができます。

iPadでピクチャ・イン・ピクチャの画面を閉じる

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV