iPad Wave Top > iPadの使い方 > iPadの「Files」アプリでDropboxを追加する

スポンサーリンク

iPadの「Files」アプリでDropboxを追加する

ここではiPadの「Files」アプリでDropboxを追加する方法を紹介しています。

iPad(iPad Pro/Air/mini)の「Files」アプリでは、iCloud Driveなどに保存されているファイルなどを表示・管理できますが、オンラインストレージ「Dropbox」を追加してファイルを表示・閲覧することもできます。

* FilesアプリはiOS11以降搭載のiPadで利用が可能です。

目次:
iPadで「Dropbox」をダウンロード・ログインする
iPadの「Files」アプリでDropboxを追加する

iPadで「Dropbox」をダウンロード・ログインする

iPadの「Files」アプリに「Dropbox」を追加するには、Dropboxの公式アプリをインストールする必要があります。

Dropbox

Dropbox

価格:無料

iPadで「Dropbox」アプリをダウンロードする

iPadで「App Store」を起動します。「Dropbox」アプリをダウンロード画面から「入手」→「インストール」をタップして、ダウンロードを開始します。

iPadで「App Store」アプリを起動する
1. 「App Store」をタップします
iPadで「Dropbox」アプリをダウンロードする
2. 「Dropbox」アプリをダウンロードします

iPadにインストールした「Dropbox」にログインする

iPadにインストールした「Dropbox」アプリを起動します。Dropboxの「ID/パスワード」を入力してログインします。

iPadで「Dropbox」アプリを起動する
1. 「Dropbox」アプリを起動します
iPadで「Dropbox」にログインする
2. Dropboxにログインします

iPadの「Files」アプリでDropboxを追加する

iPadの「Files」アプリに「Dropbox」を追加することで、「Files」アプリ上でDropboxに保存しているファイルを表示・閲覧できます。

iPadの「Files」アプリでブラウズする場所の編集画面を表示する

iPadのホーム画面で「Files」をタップします。「ブラウズ」欄から「場所」→「編集」をタップして、ブラウズする場所の編集画面を表示します。

iPadで「Files」アプリを起動する
1. 「Files」アプリを起動します
iPadの「Files」アプリでブラウザの場所の編集画面を表示する
2. 「ブラウズ」タブから「編集」をタップします

「Files」アプリのブラウズ場所に「Dropbox」を追加する

ブラウズする場所の編集画面で「Dropbox」をオンにします。ブラウズの場所に「Dropbox」が追加され、選択することでDropbox内のファイルを表示・閲覧できます。

iPadの「Files」アプリにDropboxを追加する
1. 「Dropbox」をオンにします
「Files」アプリでDropboxをブラウズする
2. ブラウズの場所にDropboxが追加されます

「Files」でDropboxに保存されている各種ファイルの表示・閲覧などが可能

iPadの「Files」アプリで、Dropbox内に保存されている各種ファイルの表示・閲覧が可能になります。

iPadの「Files」アプリでDropbox内のファイルを表示・閲覧する
1. 「Files」アプリでDropbox内のファイルを表示・閲覧できます
iPadの「Files」アプリでDropbox内のファイルをドラッグ&ドロップする
2. ファイルのドラッグ&ドロップなどが可能です

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/ipad/howto/files_dropbox.html


このページへのリンクタグ: iPadの「Files」アプリでDropboxを追加する - iPad Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV