iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneの写真アプリでRAW画像を編集(現像)する

スポンサーリンク

iPhoneの写真アプリでRAW画像を編集(現像)する

ここではiPhoneの写真アプリでRAW画像を編集(現像)する方法を紹介しています。

『iOS12』以降を搭載したiPhoneの「写真」アプリでは、RAW画像の編集に対応しています。デジタルカメラなどで撮影したRAWデータの画像もiPhoneに読み込む(取り込む)ことで、標準の「写真」アプリ上でRAW現像を行うことができます。

目次:
iPhoneにSDカードからRAW画像を読み込むために必要なもの
iPhoneにデジカメで撮影したRAW画像をSDカードから読み込む
iPhoneの写真アプリでRAW画像を編集(現像)する

iPhoneにSDカードからRAW画像を読み込むために必要なもの

RAW編集対応のiPhone

「写真」アプリでのRAW編集に対応しているのは「A9チップ」以降を搭載したiPhoneとなっており、2015年発売のiPhone 6s/6s Plus以降のiPhone(iPhone SE含む)が対応しています。

SDカードリーダー

iPhoneでデジタルカメラで撮影した写真を「SDカード」から読み込むためには、Lghtningコネクタに接続する"SDカメラリーダー"が必要になります。アップルから純正のSDカメラリーダーが販売されています。

Apple Lightning to SD Card Camera Reader MD822ZM/A

Apple Lightning SDカードカメラリーダー

対応機種:iPhone 5以降のiPhone、iPad Pro、iPad(第5/6世代)/iPad Air/Air2、iPad mini、iPod touch(第5/6世代)

iPhoneにデジカメで撮影したRAW画像をSDカードから読み込む

別売りの「SDカードリーダー」を利用して、iPhoneにデジタルカメラで撮影したRAW画像をSDカードから読み込みます。

1. iPhoneに「SDカードリーダー」を接続する

iPhoneのロックを解除します。iPhoneのLightningコネクタに「SDカードリーダー」を接続して、読み込みたいRAW画像が含まれるSDカードを挿入します。

iPhoneでロックを解除する
1. iPhoneのロックを解除します
iPhoneでホーム画面を表示する
2. iPhoneのホーム画面を表示します
iPhoneにSDカードを挿入したリーダーを接続する
3. SDカードを挿入したSDカードリーダーを接続します

2. 写真アプリで読み込みたいRAW画像を選択する

iPhoneで「写真」アプリが自動的に起動します。SDカード内に保存されている写真が一覧表示されるので、読み込みたいRAW画像を選択した後、画面右上の「読み込む」をタップします。

* SDカードのすべての画像を読み込みたい場合は「すべてを読み込む」をタップします。

iPhoneで写真アプリを起動する
1. 「写真」アプリが自動的に起動します
iPhoneの写真アプリで読み込みたいRAW画像を選択する
2. iPhoneに読み込みたい写真を選択します
iPhoneの写真アプリで読み込みをタップする
3. 選択後に「読み込む」をタップします

3. 選択したRAW画像をiPhoneに読み込む

「選択項目を読み込む」を選択すると選択したRAW画像の読み込みが開始され、読み込みが完了した写真は緑のチェックマークが表示されます。

すべての写真の読み込みが完了すると「読み込み完了」画面が表示されるので、読み込んだRAW画像をSDカード内に残しておきたい場合は「残す」、削除したい場合は「削除」を選択します。

iPhoneに選択したRAW画像を読み込む
1. 「選択項目を読み込む」を選択します
iPhoneにRAW画像が読み込まれる
2. 読み込みが完了した画像にはチェックマークが付きます
iPhoneでRAW画像の読み込みが完了する
3. 画像をSDカードに「残す」または「削除」を選択します

iPhoneの写真アプリでRAW画像を編集(現像)する

iPhoneに読み込んだRAW画像をiPhoneの「写真」アプリで編集(現像)します。

1. 「写真」アプリでRAW画像の編集画面を表示する

SDカードから読み込んだRAW画像は「写真」アプリの「カメラロール」や「読み込み」アルバム等から選択・表示することができます。読み込んだRAW画像を選択し、画面右上の「編集」をタップすて編集画面を表示します。

iPhoneに読み込んだRAW画像を表示する
1. 「読み込み」アルバム等を選択します
iPhoneで現像したいRAW画像を選択する
2. 読み込んだRAW画像を選択します
iPhoneの写真アプリでRAW画像の編集画面を表示する
3. 「編集」をタップして編集画面を表示します

2. 「写真」アプリでRAW画像を編集(現像)して保存する

RAW画像の編集画面では「RAW」マークが画面上に表示されます。各種パラメータを変更して編集(現像)した後は「チェックマーク」をタップして保存します。

なお、RAW画像を編集(現像)して保存するとJPG(JPEG)画像が自動的に作成されるので、メールやSNSで共有、オンラインストレージ等にアップロードするとJPEG画像で保存できます。

iPhoneの写真アプリでRAW画像の現像画面を表示する
1. RAW画像では「RAW」表示されます
iPhoneの写真アプリでRAW現像する
2. 各種パラメータを変更して編集します
iPhoneの写真アプリで現像したRAW画像を保存する
3. 「チェックマーク」をタップして編集内容を保存します

「写真」アプリで変更・修正できる項目

iPhoneの「写真」アプリでは、自動補正機能のほか、トリミング・傾き・回転・フィルター・明るさ・コントラスト・彩度などの各種パラメータを変更してRAW画像を修正することが可能です。

「写真」アプリでの写真の編集については「iPhoneで写真・画像を編集・修正する」もご覧ください。

■ トリミング

iPhoneでRAW画像をトリミングする

■ フィルター

iPhoneでRAW画像にフィルターを適用する

■ 明るさ・コントラスト

iPhoneでRAW画像の明るさやコントラストを調整する

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV