iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneで写真・画像を回転(表示向きを変更)する

スポンサーリンク

iPhoneで写真・画像を回転(表示向きを変更)する

ここではiPhoneで写真・画像を回転(表示向きを変更)する方法を紹介しています。

iPhoneの「写真」アプリで、写真・画像を回転します。iPhoneで撮影した写真を表示した際に向きがおかしい場合も、写真を回転させることで表示を適切な向きに変更することが可能です。

iPhoneの「写真」アプリで写真・画像を回転する

iPhoneの「写真」アプリで写真・画像を回転し、表示向きを変更します。

1. 「写真」アプリで回転したい写真・画像を選択する

iPhoneのホーム画面から「写真」アプリを起動します。写真の表示向きを変更したい写真・画像を選択、「編集」をタップして写真・画像の編集画面を表示します。

iPhoneで写真アプリを起動する
1. 「写真」アプリを起動します
iPhoneの写真アプリで回転させたい写真を選択する
2. 表示向きを変更したい写真・画像を選択します
iPhoneの写真アプリで編集画面を表示する
3. 「編集」をタップします

2. 写真・画像を90度づつ回転する

画面下部の「トリミング」アイコンをタップします。トリミング編集画面から「回転」アイコンをタップすることで、90度づつ回転させることができます。

* 「戻す」をタップすることで回転を取り消し、元の向きに戻すことができます。

トリミングアイコンをタップする
1. 「トリミング」アイコンをタップします
回転アイコンをタップする
2. 「回転」アイコンをタップします
iPhoneの写真アプリで90度づつ反時計回りに回転させる
3. 反時計回りに90度づつ回転します

3. 表示向きを変更した写真・画像を保存する

適切な向きに変更後、「チェックマーク」をタップすることで保存できます。

* 「×」をタップすることで、編集内容を破棄して写真一覧画面に戻ることが可能です。

iPhoneで回転させて表示向きを変更した写真を保存する
1. 適切な向きに変更後、「チェックマーク」をタップして保存します
iPhoneの写真アプリで表示向きを変更した写真・画像が保存される
2. 表示向きを変更した写真・画像が保存されます

iPhoneの「写真」アプリで回転させ表示向きを変更した写真・画像を元に戻す

iPhoneの「写真」アプリで回転させ表示向きを変更した写真・画像を元の向きに戻します。

回転を取り消し元の写真・画像に戻す

回転させ表示向きを変更した写真・画像でも、再度「編集」をタップして、トリミング画面から「戻す」をタップすることで、回転を取り消し、元の写真・画像の向きに戻すことができます。

なお、「戻す」をタップすると回転の他に、トリミング画面で変更可能な編集項目(トリミング、傾き補正、アスペクト比)が取り消されます。

iPhoneで回転を取り消したい写真を選択する
1. 回転を取り消したい写真・画像の「編集」をタップします
iPhoneの写真アプリで回転して表示向きを変更した画像を元に戻す
2. 「トリミング」アイコンをタップし、「戻す」をタップします
iPhoneの写真アプリで回転を取り消す
3. 「チェックマーク」をタップして、変更を保存します

すべての編集内容を削除(取消)しオリジナルに戻す

フィルターや明るさ・コントラストなどを含め、すべての編集内容を削除(取消)して、オリジナルの写真・画像に戻したい場合は、「編集」画面から「元に戻す」をタップ、「オリジナルに戻す」をタップすることでオリジナル写真・画像に戻すことができます。

iPhoneでオリジナルに戻したい写真を選択する
1. オリジナルに戻したい写真・画像の「編集」をタップします
iPhoneで編集した写真を元に戻す
2. 「元に戻す」をタップします
iPhoneの写真アプリでオリジナルに戻す
3. 「オリジナルに戻す」をタップします

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV