HOME > iPhone > iPhoneの使い方 >

本ページ内には広告が含まれます

iPhoneでカメラの解像度(画素数)を12MP/24MP/48MPに変更する

ここではiPhoneでカメラの解像度(画素数)を12MP/24MP/48MPに変更する方法を紹介しています。

iPhoneでカメラの解像度/画素数を12MP・24MP・48MPで変更する

iPhoneのメインカメラ(広角カメラ)で解像度(画素数)を12MP/24MP/48MPに変更します。

48MP(4800万画素/48メガピクセル)のメインカメラを搭載した「iPhone 15/15 Pro」などのiPhoneでは、メインカメラの解像度(画素数)を12MP、24MP、48MPで切り替え可能となっています。

* 48MPのメインカメラを搭載したiPhoneは「iPhone 15」シリーズおよび「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」となります(2023年9月時点)。

* 「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」では12MP/48MPのみ切り替え可能です。

目次:
メインカメラの解像度を変更可能な機種について
メインカメラの解像度を24MP/48MPに設定した場合の注意点
iPhoneのメインカメラの解像度を12MP/24MPで切り替える
iPhoneのメインカメラで解像度48MPで撮影したい場合
iPhoneのカメラで撮影した写真の解像度を確認する

メインカメラの解像度を変更可能な機種について

メインカメラ(広角カメラ)の解像度・画素数を変更可能なiPhoneは以下となっています(2023年9月時点)。

12MP/24MP/48MPで解像度(画素数)を変更可能な機種

・ iPhone 15 Pro/15 Pro Max

・ iPhone 15/15 Plus

12MP/48MPで解像度(画素数)を変更可能な機種

・ iPhone 14 Pro/Pro Max

メインカメラの解像度を24MP/48MPに設定した場合の注意点

メインカメラの解像度を24MP/48MPに設定した場合でも、12MPなどで写真が保存される場合があります。

24MPに設定した場合

■ 解像度24MPは「写真」または「ポートレート」撮影モードの『1x』でのみ撮影可能です。

■ ナイトモード、フラッシュ、マクロ、ポートレート照明で撮影した写真は解像度12MPで保存されます。

48MPに設定した場合

■ 解像度48MPは「写真」撮影モードの『1x』でのみ撮影可能です。

■ ナイトモード、フラッシュ、マクロで撮影した写真は解像度12MPで保存されます。

■ LivePhotosがオンの場合は12MPまたは24MPで保存されます。

■ メインカメラの倍率(焦点距離)が『1.2x(28mm)』の場合は解像度35MP、『1.5x(35mm)』の場合は解像度24MPで保存されます。

iPhoneのメインカメラの解像度を12MP/24MPで切り替える

48MPのメインカメラを搭載したiPhoneのメインカメラ[1x]の解像度は「12MP」または「24MP」で選択可能です。

* iPhone 14 Pro/14 Pro Maxでは「24MP」は選択できません。

1. カメラ設定画面から「フォーマット」を選択する

iPhoneで「設定」アプリを起動します。設定一覧から「カメラ」をタップしてカメラの設定画面から「フォーマット」を選択します。

iPhoneで「設定」アプリを起動する
1. 「設定」アプリを起動します
iPhoneのカメラ設定画面を表示する
2. 「カメラ」を選択します
iPhoneのカメラ設定で「フォーマット」を選択する
3. 「フォーマット」を選択します

2. メインカメラの解像度を12MP/24MPで設定・変更する

「写真モード」から現在のメインカメラの解像度を確認できます。解像度を変更したい場合は「写真モード」をタップして「12MP」または「24MP」から選択・変更します。

iPhoneえカメラの「フォーマット」設定から「写真モード」を選択する
1. 「写真モード」をタップします
iPhoneでカメラの解像度を12MP/24MPで設定する
2. 「12MP」または「24MP」を選択します
iPhoneでカメラの解像度を12MP/24MPで変更する
3. メインカメラの解像度(画素数)を設定・変更できます

iPhoneのメインカメラで解像度48MPで撮影したい場合

iPhoneでカメラ設定の「フォーマット」から「ProRAWと解像度コントロール」または「解像度コントロール」をオンにすることで、解像度48MPの写真(HEIF/JPEG)が撮影可能になります。

RAW撮影対応のiPhoneの場合 ⇒ 「ProRAWと解像度コントロール」
RAW撮影非対応のiPhoneの場合 ⇒ 「解像度コントロール」

* ProRAW撮影対応のiPhoneでは「プロデフォルト」から「HEIF/JPEG(最大、48MPまで)」を選択することで、HEIF/JPEGの解像度48MPの写真を撮影できます。

* 撮影する写真のフォーマット(形式)が"高効率"の場合は『HEIF』、"互換性優先"の場合は『JPEG』になります。

iPhoneのカメラ設定で「解像度コントロール」をオンにする
1. 「ProRAWと解像度コントロール」をオンにします
iPhoneのカメラで最大48MPの写真(JPEG)を撮影する
2. 「プロデフォルト」を選択します
iPhoneのカメラで最大48MPの写真(HEIF)を撮影する
3. 「HEIF/JPEG(最大48MPまで)」を選択します

iPhoneの「カメラ」で解像度48MPで撮影する

iPhoneで「カメラ」アプリを起動して、撮影モードで「写真」を選択します。画面上部の「HEIF(最大)」または「JPEG(最大)」をタップしてオンにすることで、最大48MPの写真(HEIF/JPEG)が撮影可能になります。

写真の撮影倍率を「1x」に選択して「シャッターボタン」をタップすることで、解像度48MPの写真(HEIF/JPEG)を撮影できます。

* ナイトモード、フラッシュ、マクロの場合は12MPの写真になります。また、LivePhotosは12MP/24MPになります。

iPhoneでカメラアプリを起動する
1. 「カメラ」アプリを起動します
iPhoneでカメラで48MPの写真(HEIF/JPEG)を撮影する
2. 「写真」から「HEIF(最大)」または「JPEG(最大)」をタップします
iPhoneでカメラで「HEIF最大」または「JPEG最大)」をオンにして48MPの写真を撮る
3. シャッターボタンをタップして48MPの写真を撮影できます

iPhoneのカメラで撮影した写真の解像度を確認する

iPhoneで「カメラ」アプリで撮影した写真の「プレビュー」をタップします。撮影した写真を上にスワイプすることで表示できる"Exif情報"から、写真の解像度を確認できます。

* iPhoneの「写真」アプリから撮影した写真を上にスワイプして、"Exif情報"から写真の解像度を確認することも可能です。

iPhoneで撮影した写真の解像度を表示する
1. 撮影した写真の「プレビュー」をタップします
iPhoneで写真のExif情報を表示する
2. 写真を上にスワイプして「Exif情報」を表示します
iPhoneでカメラで撮影した画像の解像度を調べる
3. 撮影した写真の解像度を確認できます

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/07/18 8:50

【Kindleセール】人気Kindleマンガ最大64%ポイント還元

 更新日時:2024/07/18 10:40

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV