HOME > iPad > iPadの使い方 >

本ページ内には広告が含まれます

iPadでYouTubeの視聴時間を制限する

ここではiPadでYouTubeの視聴時間を制限する方法を紹介しています。

iPadでYouTubeアプリの使用を時間制限する方法

iPadで「YouTube」アプリの使用時間を制限することで、動画の視聴時間を1日〇時間などに制限することができます。

子供のYouTube動画の視聴時間を制限したい場合など、スクリーンタイム機能を利用することで、使用時間が制限時間を超えた場合にYouTubeアプリを使用できなくすることが可能です。

* スクリーンタイム機能では、YouTube以外の動画視聴アプリやゲームアプリなどに時間制限を設定することもできます。

目次:
iPadでYouTubeアプリの視聴時間を制限する
パスコードを設定して視聴時間を厳密に制限する
iPadで休止時間を設定してアプリの制限も可能

iPadでYouTubeアプリの視聴時間を制限する

iPadで「YouTube」アプリの使用時間を制限します。使用時間は1分単位で設定可能なほか、曜日別に時間を設定することも可能です。

1. iPadでスクリーンタイムの設定画面を表示する

iPadのホーム画面から「設定」アプリを起動します。「スクリーンタイム」を選択して「アプリの使用時間の制限」をタップします。

* "アプリとWebサイトのアクティビティ"をオンにしていない場合はタップしてオンにします。

iPadでスクリーンタイムの設定画面を表示する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPadでYouTubeの時間制限を設定する
2. 「スクリーンタイム」から「アプリ使用時間の制限」をタップします

2. 「YouTube」アプリの使用時間に制限を追加する

「制限を追加」をタップして、時間制限を追加したいアプリを追加します。「エンターテイメント」内にある「YouTube」にチェックして「次へ」をタップします。

iPadでYouTube動画の視聴時間に制限を追加する
1. 「制限を追加」をタップします
iPadでYouTubeを時間制限する
2. 「YouTube」にチェックして「次へ」をタップします

3. 「YouTube」アプリの制限時間を設定する

「YouTube」アプリの1日あたりの使用可能時間(制限時間)を設定します。時間は1分単位で設定可能となっており、時間を設定したら「追加」をタップします。

* 曜日別に使用可能時間を設定したい場合は「曜日別に設定」をタップすることで、曜日別に使用可能時間を設定できます。

iPadでYouTubeアプリの1日あたりの制限時間を設定する
1. 1日あたりの使用可能時間を設定して「追加」をタップします
iPadでYouTube動画の視聴時間が制限される
2. YouTubeアプリの1日の制限時間が設定されます

4. YouTubeアプリを制限時間以上使用すると"時間制限"画面が表示される

iPadで「YouTube」アプリの使用が制限時間を超えると"時間制限"画面が表示されます。

なお、画面下部の「制限を無視」から制限を解除することが可能です。制限の解除にパスコードの入力を必要とするには、スクリーンタイム用のパスコードを設定する必要があります。

iPadでYouTube動画の視聴時間が制限される
1. iPadで「YouTube」アプリを起動し使用します
iPadでYouTubeの制限時間を超えると使用できなくなる
2. 制限時間を超えると"時間制限"画面が表示されます

パスコードを設定して視聴時間を厳密に制限する

スクリーンタイム用のパスコードを設定することで、時間制限を超えた際に延長するにはパスコードの入力を必要とすることができます。

1. iPadでスクリーンタイムパスコードを設定する

iPadでスクリーンタイムの設定画面から「スクリーンタイム設定をロック」をタップすることで、スクリーンタイム用のパスコードを設定できます。

スクリーンタイム用のパスコードを設定する場合は、忘れてしまった場合の復旧のためにApple ID(Appleアカウント)とパスワードの入力が必要になります。

iPadでスクリーンタイム設定をロックする
1. 「スクリーンタイム設定をロック」をタップします
iPadでスクリーンタイム用のパスコードを設定する
2. 「スクリーンタイムパスコードを設定」を入力します

2. YouTubeの「使用制限終了時にブロックする」をオンにする

スクリーンタイム用のパスコードを設定したら「アプリ使用時間の制限」をタップし、YouTubeを選択して「使用制限終了時にブロック」をオンにします。

iPadでYouTubeのアプリ使用制限終了時にパスコードを必要とする
1. 「アプリ使用時間の制限」から"YouTube"をタップします
iPadでYouTubeの「使用制限終了時にブロック」をオンにする
2. 「使用制限終了時にブロック」をオンにします

3. YouTubeアプリを制限時間後も使用するにはパスコードの入力が必要

iPadで「YouTube」アプリの使用が制限時間を超えると"時間制限"画面が表示されます。

「YouTube」アプリの使用を延長するには、下部の「時間延長の許可を求める」からスクリーンタイム用に設定したパスワードを入力する必要があります。

iPadでYouTubeの視聴時間の制限を解除するためにパスワードを入力する
1. 「YouTube」アプリで制限時間を超えると"時間制限"画面が表示されます
iPadでYouTubeの時間制限を解除する
2. 使用を延長するにはスクリーンタイム用のパスコードの入力が必要です

iPadで休止時間を設定してアプリの制限も可能

iPadのスクリーンタイム機能で「休止時間」を設定することで、指定した時間帯(22:00~7:00など)でアプリが使用できなくすることが可能です。

休止時間の間は「時計」や「設定」など一部を除くすべてのアプリが使用できなくなりますが、使用を許可したアプリは休止時間も使用することができます。

iPadのスクリーンタイムで休止時間を設定する方法については「iPadのスクリーンタイムで休止時間を設定する」をご覧ください。

iPadのスクリーンタイムでYouTubeの禁止時間を設定する
1. iPadのスクリーンタイムで「休止時間」を設定します
iPadで休止時間を設定してYouTubeを禁止する
2. 休止時間になると許可されたアプリ以外は使用不可になります

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/07/20 15:50

【Kindleセール】人気Kindleマンガ最大64%ポイント還元

 更新日時:2024/07/20 15:40

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV