iPad > iPadの使い方 > iPadで「拡大鏡」機能を利用する

スポンサーリンク

iPadで「拡大鏡」機能を利用する

ここではiPadで「拡大鏡」機能を利用する方法を紹介しています。

iPad Pro/Air/miniのカメラを利用して、"拡大鏡"機能を利用することができます。細かい文字などをiPadのカメラで写すことで、画面上に拡大して表示することができます。

* iPadで"拡大鏡"機能を利用するには「iOS10」が必要です。

1. iPadで「アクセシビリティ」設定画面を表示する

iPadのホーム画面で「設定」をタップして、「一般」から「アクセシビリティ」を選択します。

iPadで設定画面を表示する
1. 「設定」をタップします
iPadでアクセシビリティ設定画面を表示する
2. 「一般」から「アクセシビリティ」をタップします

2. iPadで「拡大鏡」をオンにする

アクセシビリティ設定画面で「拡大鏡」を選択して、「拡大鏡」をオンにします。また必要に応じて「明るさの自動調節」もオンにします。

iPadのアクセシビリティ設定画面で「拡大鏡」を選択する
1. 「拡大鏡」を選択します
iPadで「拡大鏡」をオンにする
2. 「拡大鏡」をオンにします

3. iPadの「ホームボタン」をトリプルクリックする

iPadの「ホームボタン」をトリプルクリックすることで、"拡大鏡"機能を起動させることができます。なお、トリプルクリックでのショートカットに他の機能を割り当てている場合は、選択画面で「拡大鏡」をタップします。

iPadのホームボタンをトリプルクリックする
1. ホームボタンをトリプルクリックして、「拡大鏡」を選択します
iPadで「拡大鏡」機能を利用する
2. 「拡大鏡」機能が起動します

4. iPadで「拡大鏡」機能を利用する

iPadのカメラで細かい文字などを写すことで、画面上に拡大表示することができます。拡大倍率などは下部のコントロール画面から変更することができます。

iPadでの「拡大鏡」機能の使い方

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV