iPad > iPadの使い方 > iPadのカメラで「Live Photos」をオフの状態で起動する

スポンサーリンク

iPadのカメラで「Live Photos」をオフの状態で起動する

ここではiPadのカメラで「Live Photos」をオフの状態で起動する方法を紹介しています。

iPadの「カメラ」アプリを起動すると、"Live Photos"は自動的に"オン"の状態で起動します。iPadのカメラ設定の"設定を保持"機能を利用することで、iPadでカメラ起動時に「Live Photos」を"オフ"の状態で起動することが可能です。

* iOS10.2以降を搭載した(12.9インチの第1世代除く)iPad ProとiPad(第5世代)で設定できます(2017年6月時点)。

1. iPadのカメラ設定画面で「設定を保持」を選択する

iPadのホーム画面から「設定」をタップします。「写真とカメラ」から「設定を保持」を選択します。

iPadで設定アプリを起動する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPadの写真とカメラ設定画面で「設定を保持」を選択する
2. 「写真とカメラ」から「設定を保持」を選択します

2. 「設定を保持」画面で「Live Photos」をオンにする

「設定を保持」画面から「Live Photos」をオンにします。

iPadで「Live Photos」の設定保持をオンにする
1. 「設定を保持」でLive Photos」をオンにします
iPadでLive Photosの設定を保持する
2. カメラアプリで「Live Photos」の設定が保持されるようになります

3. iPadのカメラで「Live Photos」をオフにする

iPadの「カメラ」アプリで「Live Photos」アイコンをタップしてオフにします。「Live Photos」の設定が保持され、次回iPadでカメラを起動しても自動的にオンに戻らなくなります。

iPadでカメラを起動する
1. iPadでカメラを起動します
iPadのカメラで「Live Photos」をオフにする
2. 「Live Photos」をオフにすると、次回自動的にオンに戻らなくなります

スポンサーリンク

iPhone SE(第2世代)の予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV