iPad > iPadの使い方 > iPad(Wi-Fiモデル)を「au Wi-Fi SPOT」で無料Wi-Fi接続する

スポンサーリンク

iPad(Wi-Fiモデル)を「au Wi-Fi SPOT」で無料Wi-Fi接続する

ここではiPad(Wi-Fiモデル)を「au Wi-Fi SPOT」で無料Wi-Fi接続する方法を紹介しています。

iPad(Wi-Fiモデル)を「au Wi-Fi SPOT(スポット)」でWi-Fi接続します。

「au Wi-Fi SPOT(スポット)」とは、KDDI(au)が提供する無線LANサービスです。auのスマートフォンやタブレット端末(iPhone/iPad含む)では無料(国内)*で利用することができますが、契約しているスマートフォン/タブレット端末とは別に、パソコンやWi-Fi版iPad/iPad miniなどを一台、無料(国内)で利用することができます。

* 契約プラン等により、一部有料の場合もあります。

* 「au Wi-Fi SPOT」に関して詳細はau公式サイトも参照ください。

iPad(Wi-Fiモデル)で「au Wi-Fi SPOT」を利用するために必要なもの

『au ID』

Wi-Fi版iPad/iPad mini(またはその他のデバイス)で「au Wi-Fi SPOT」を利用する場合、『au ID』が必要になります。『au ID』はauの提供するサービスを利用するために必要なIDで、au契約端末から無料で取得することができます。

* au版iPhoneでの『au ID』の取得方法は、「iPhoneで"au ID"を取得・登録する」をご覧ください。

『au Wi-Fi 接続ツール』アプリ

au Wi-Fi 接続ツール アプリ

iPad/iPad mini(Wi-Fiモデル)で「au Wi-Fi SPOT」を利用する場合、事前に『au Wi-Fi 接続ツール』アプリにて、初期設定が必要になります。『au Wi-Fi 接続ツール』は"App Store"で無料ダウンロードできます。

* App Storeからアプリをダウンロードするには、「Apple ID」が必要になります。「Apple ID」を取得していない場合は、iPad/iPad miniで無料で作成することが可能です。iPad/iPad miniでの「Apple ID」の作成方法は「iPad/iPad miniでApple IDを新規作成(取得)する」をご覧ください。

iPad(Wi-Fiモデル)で「au Wi-Fi SPOT」を利用するための事前準備

iPad/iPad mini(Wi-Fiモデル)で『au Wi-Fi 接続ツール』アプリを「App Store」からダウンロードし、初期設定を行います。

1. iPad/iPad mini(Wi-Fiモデル)に「au Wi-Fi接続ツール」をインストールする

iPad/iPad mini(Wi-Fiモデル)で「App Store」にアクセスし、「au Wi-Fi 接続ツール」をダウンロード(インストール)します。

「App Store」アプリの検索窓から「au Wi-Fi 接続ツール」を検索します。画面上部の「iPhoneのみ」を選択し、表示される「au Wi-Fi 接続ツール」の「無料」アイコンをタップ、続けて表示される「Appをインストール」をタップすることで、「au Wi-Fi 接続ツール」アプリをダウンロード(インストール)できます。

App Store
1. ホーム画面の「App Store」をタップします
「au Wi-Fi接続ツール」を検索する
2. 「au Wi-Fi接続ツール」と入力して検索、アプリをダウンロードします

4. ダウンロードした「au Wi-Fi接続ツール」で初期設定する

ダウンロード(インストール)した「au Wi-Fi接続ツール」をタップして起動します。「初期設定」をタップすることで初期設定を開始できます。

「au Wi-Fi接続ツール」アプリを起動する
1. ダウンロードした「au Wi-Fi接続ツール」をタップし起動します
「au Wi-Fi接続ツール」で初期設定する
2. 「初期設定」をタップします

5. 『au ID』でログインする

ログイン画面にて、「au ID」「パスワード」を入力し、「ログイン」をタップします。自動で「au Wi-Fi SPOT」の利用設定が開始されます。完了後、「プロファイルインストール」をタップします。

「au Wi-Fi接続ツール」で「au ID」でログインする
1. 「au ID」「パスワード」を入力し「ログイン」をタップします
「au Wi-Fi接続ツール」でプロファイルをインストールする
2. 「プロファイルインストール」をタップします

「アプリ/ロック画面」からコントロールセンターを表示できないようにするには

iPhoneのデフォルト設定では、「起動中のアプリ画面」や「ロック画面」でもコントロールセンターを表示することが可能です。「起動中のアプリ画面」「ロック画面」からコントロールセンターを表示できないようにしたい場合は、「設定」内の「コントロールセンター」から設定を変更できます。

iPhoneで設定をタップする
1. iPhoneのホーム画面から「設定」をタップします
iPhoneでコントロールセンターの設定画面を表示する
2. 「コントロールセンター」を選択します
iPhoneで「App内でのアクセス」「ロック画面でのアクセス」のオン/オフを変更する
3. 「ロック/アプリ画面」でのコントロールセンターの表示の可不を設定できます

6. 「プロファイル」をインストールする

「au Wi-Fi SPOT」のプロファイルのインストール画面で「インストール」をタップします。確認画面が表示されるので、「インストール」をタップすると、プロファイルのインストールが開始されます。

プロファイルをインストールする
1. 「インストール」をタップします
プロファイルをインストールする
2. 「インストール」をタップします

7. 初期設定を完了する

プロファイルのインストール完了後、「完了」をタップして画面を閉じます。「au Wi-Fi接続ツール」アプリを再度起動、「登録完了」をタップし、初期設定は完了です。

完了をタップする
1. 「完了」をタップし、プロファイルのインストールを完了します
登録完了をタップする
2. 「au Wi-Fi接続ツール」アプリで「登録完了」をタップします

iPad(Wi-Fiモデル)を「au Wi-Fi SPOT」でWi-Fi接続する

iPad/iPad mini(Wi-Fiモデル)を「au Wi-Fi SPOT」でWi-Fi接続します。国内では下記ステッカーのある場所で、「au Wi-Fi SPOT」を利用することができます。また、「au Wi-Fi SPOT」が利用可能な場所は、au公式サイトで検索することが可能です。

au Wi-Fi SPOT

1. 「au Wi-Fi SPOT」が利用可能な場所でWi-Fi接続する

「au Wi-Fi SPOT」が利用可能な場所でiPad/iPad miniのWi-Fi機能を"オン"にすることで、自動でWi-Fiに接続されます。自動で接続されない場合は、「設定」-「Wi-Fi」からSSID(Wi2premium_club/Wi2_club/UQ_Wi-Fiなど)をタップして選択します。

Wi-Fi接続後、「au Wi-Fi接続ツール」アプリを起動します。

iPad/iPad miniで設定からWi-Fiをオンにする
1. 「au Wi-Fi SPOT」が利用可能な場所でiPad/iPad miniのWi-Fi機能を"オン"にし、Wi-Fiに接続します
iPad/iPad miniで「au Wi-Fi接続ツール」アプリを起動する
2. ホーム画面から「au Wi-Fi接続ツール」をタップします

2. 「au Wi-Fi接続ツール」を起動しログインする

「au Wi-Fi接続ツール」アプリ起動後、自動的にログインが開始されます。「ステータス」が「ログイン済み」と表示されると、ログイン完了となります。

ステータス:処理中
1. 「au Wi-Fi接続ツール」アプリを起動すると、自動でログインが開始されます
ステータス:ログイン済み
2. ステータスが"ログイン済み"となったことを確認します

3. iPad/iPad miniでWi-Fiの利用が可能になる

「au Wi-Fi接続ツール」でログインが完了すると、iPad/iPad miniでWi-Fiの利用が可能になります。「Safari」アプリでのWebサイト閲覧やApp Storeへのアクセスが可能になります。

Safari
App Store

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV