iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneのマップで航空写真を表示する

スポンサーリンク

iPhoneのマップで航空写真を表示する

ここではiPhoneのマップで航空写真を表示する方法を紹介しています。

iPhoneの「マップ」アプリで、表示されるマップを標準のマップから航空写真に切り替えます。航空写真ではマップ上のラベルの表示/非表示を切り替えることができるほか、3Dマップを利用することも可能です。

目次:
iPhoneの「マップ」で航空写真を表示する
航空写真のマップ上のラベルのオン・オフを切り替える
航空写真のマップを3D/2D表示に切り替える

iPhoneの「マップ」で航空写真を表示する

iPhoneの「マップ」アプリで、地図を航空写真に切り替えます。

1. マップの設定で「航空写真」を選択する

iPhoneで「マップ」アプリを起動します。画面上の[ i ]アイコンをタップして、マップの設定画面を表示します。

iPhoneでマップアプリを起動する
1. 「マップ」アプリを起動します
iPhoneのマップアプリで航空写真を選択する
2. 「i」アイコンをタップします
iPhoneのマップアプリで航空写真を表示する
3. マップの設定画面が表示されます

2. マップを航空写真に切り替える

マップの設定画面から「航空写真」を選択することでマップが「航空写真」に切り替わるので、「×」アイコンをタップして設定画面を閉じます。

* 通常のマップ表示に戻すには「マップの設定」から「マップ」を選択します。

iPhoneのマップ設定画面で航空写真を選択する
1. マップの設定で「航空写真」を選択します
iPhoneのマップで航空写真を表示する
2. 「×」をタップしてマップの設定を閉じます
iPhoneのマップで航空写真に切り替える
3. マップが航空写真に切り替わります

航空写真のマップ上のラベルのオン・オフを切り替える

航空写真のマップ上に表示されるラベル(各種アイコン)を非表示にしたい場合は、マップの設定画面から「ラベル」をオフにします。

iPhoneのマップアプリでマップの設定画面を表示する
1. 「マップの設定」を表示します
iPhoneの航空写真でラベルをオフにする
2. 「ラベル」をオフにします
iPhoneのマップで航空写真からラベルが非表示になる
3. ラベル(各種アイコン)を非表示にできます

航空写真のマップを3D/2D表示に切り替える

航空写真のマップを3D表示⇔2D表示で切り替えたい場合は、画面上の「3D」または「2D」をタップすることで切り替えることができます。

iPhoneのマップで地図を3D表示する方法については「iPhoneのマップで地図を3D表示する方法」をご覧ください。

iPhoneのマップで航空写真を3D表示/2D表示で切り替える

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV