iPhone > iPhoneの使い方 > Apple Payの使い方 > お店・自販機等での支払いにiPhoneのSuica(Apple Pay)を利用する

スポンサーリンク

お店・自販機等での支払いにiPhoneのSuica(Apple Pay)を利用する

ここではお店・自販機等での支払いにiPhoneのSuica(Apple Pay)を利用する方法を紹介しています。

Apple Pay対応のiPhoneにSuicaを追加することで、Suicaが使えるお店や自動販売機での支払いに利用できます。Suicaだけでなく、他の交通系ICカードのエリアでも利用可能で、交通系ICカード全国相互利用のマークがあるお店で利用できます。

* iPhone 7/7 Plus以降のiPhoneでApple Pay(モバイルSuica)を利用できます。

目次:
iPhoneでApple PayにSuicaを追加・チャージする
iPhoneでSuicaをエクスプレスカードとして設定する
iPhoneのSuicaをお店や自販機で利用する
iPhoneのバッテリーが切れた後にSuicaを使用する
iPhoneをロック中に「Wallet」アプリを素早く起動する
iPhoneの「Wallet」アプリでSuicaでの購入履歴を確認する

iPhoneでApple PayにSuicaを追加・チャージする

iPhoneのApple PayでSuicaを利用するには、「Wallet」アプリでSuicaカードをiPhoneに転送・取り込む必要があります。チャージはApple Payに追加したクレジットカードから行うことができるほか、コンビニ等で現金チャージも可能です。

* Suicaカードを持っていない場合は、JR東日本が提供する「Suica」アプリで新規発行可能です。

iPhoneでApple PayにSuicaを転送・追加する

iPhoneでApple PayのSuicaにクレジットカードからチャージする

iPhoneでApple PayのSuicaを現金でチャージする

■ Suicaカードの追加

Apple PayにSuicaカードを転送する

■ クレカでチャージ

Apple PayのSuicaをクレジットカードでチャージする

■ 現金でチャージ

Apple PayのSuicaを現金でチャージする

iPhoneでSuicaをエクスプレスカードとして設定する

iPhoneのApple Payに追加したSuicaは、"エクスプレスカード"として設定することで、Touch ID(指紋認証)なしで利用することが可能です。交通機関の駅改札やお店のレジ等で「Wallet」アプリを起動しなくても、iPhoneがスリープ状態の場合でも支払いに利用することができます。

* エクスプレスカードとして設定していないSuicaを利用する際は、「Wallet」アプリからSuicaを選択してTouch IDによる認証が必要です。

* 複数のSuicaを追加している場合でも、エクスプレスカードは1枚のみ設定可能です。

iPhoneで「Wallet」の設定画面を表示する
1. 「設定」から「WalletとApple Pay」を選択します
iPhoneでApple Payのエクスプレスカードを設定する
2. 「エクスプレスカード」をタップします
iPhoneのSuicaをエクスプレスカードとして設定する
3. エクスプレスカードとして選択します

iPhoneのSuicaをお店や自販機で利用する

iPhoneのApple Payに追加したSuicaを利用して、Suica及び相互利用可能な交通系ICカードマークのあるお店や自販機等で支払いを行います。

Suicaをエクスプレスカードとして設定している場合

お店のレジなどでは店員に「Suica」で支払うことを伝え、指示に従ってICリーダー(読み取り部分)にiPhoneをタッチすることで、エクスプレスカードとして設定しているSuicaで支払いを行うことができます。

エクスプレスカードとして設定しているSuicaの場合、「Wallet」アプリの起動やSuicaの選択などは必要なく、iPhoneがスリープの状態でも支払いを行うことができます。

iPhoneでエクスプレスカードとして設定したSuicaを使う
1. iPhoneをICリーダー(読み取り部)にかざします
iPhoneの「Wallet」アプリが起動しSuicaで支払いされる
2. 「Wallet」アプリが起動して、支払いが行われます
iPhoneにSuicaでの購入(支払い)情報が通知される
3. 購入が完了すると、支払い情報が通知されます

Suicaをエクスプレスカードとして設定していない場合

お店のレジなどでは店員に「Suica」で支払うことを伝え、「Wallet」アプリからSuicaのTouch ID(指紋)認証を行ってからICリーダー(読み取り部分)にiPhoneをタッチすることで、Suicaで支払いを行うことができます。

* 「Wallet」アプリを起動しなくても、ICリーダーにiPhoneをかざすことで「Wallet」アプリが起動します。メインカードが表示されるので、Suicaがメインカードでない場合は、Suicaを選択してTouch ID認証を行います。

iPhoneの「Wallet」アプリからSuicaを選択する
1. 「Wallet」アプリを起動して、Suicaを選択します
iPhoneのSuica(スイカ)でTouch ID認証を行う
2. ホームボタンを指で触れて、Touch ID認証を行います
iPhoneをお店などのICリーダーにかざしてSuicaで支払いをする
3. ICリーダーにiPhoneをかざして、支払いを行います

iPhoneのバッテリーが切れた後にSuicaを使用する

iPhone XS/XS Max/XRでは、新搭載の「予備電力機能付きエクスプレスカード」機能により、iPhoneのバッテリーが切れた後でも予備電力により最大5時間ほどSuicaを使用できます。

バッテリーが切れた後でもSuicaが使用できる場合は、サイドボタンを押すと画面上に「エクスプレスモードのカードが利用できます」と表示されます。

iPhoneでの「予備電力機能付きエクスプレスカード」の使い方

iPhoneのバッテリーが切れてもエクスプレスカードに設定したSuicaを使用可能
1. エクスプレスカードにSuicaを設定します
iPhoneのバッテリーが切れた後にSuicaを使用できるか確認する
2. バッテリーが切れた後に「サイドボタン」を押します
iPhoneをロック中にSuicaを素早く起動する
3. Suicaが利用可能な場合は上図が表示されます

iPhoneをロック中に「Wallet」アプリを素早く起動する

初期設定では、iPhoneをロック中に「ホームボタン」をダブルクリックすることで、「Wallet」アプリを起動することができます。Suicaをメインカードとして設定しておくことで、Suicaが選択された状態で起動できます。

iPhoneのロック画面からApple Payを起動・呼び出す

iPhoneでロック中に「Wallet」アプリを起動する
1. ロック中にホームボタンをダブルクリックします
iPhoneの「Wallet」アプリでSuicaの指紋認証(Touch ID認証)を行う
2. 「ホームボタン」を指で触れて、Touch ID認証します
iPhoneをロック中にSuicaを素早く起動する
3. ICリーダーにiPhoneをかざして、支払いを行います

iPhoneの「Wallet」アプリでSuicaでの購入履歴を確認する

iPhoneのApple Payに追加したSuicaで購入した支払い履歴は、「Wallet」アプリでSuicaを選択し、[ i ]アイコンをタップして、「利用明細」を選択することで表示することが可能です。 利用明細画面では、購入履歴や交通機関(電車)の乗車履歴、チャージ履歴が確認できます。

iPhoneで「Wallet」アプリを起動する
1. ホーム画面から「Wallet」アプリをタップします
iPhoneの「Wallet」アプリでSuicaの利用明細を表示する
2. Suicaを選択して、[ i ]アイコンをタップします
iPhoneでSuicaでの購入履歴を表示する
3. 「ご利用明細」をタップして、購入履歴を表示できます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV