iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneでアプリを削除する

スポンサーリンク

iPhoneでアプリを削除する

ここではiPhoneでアプリを削除する方法を紹介しています。

iPhoneアプリをiPhoneから削除します。アプリを削除すると、アプリ内のデータも削除されるので注意が必要です。

iPhoneに最初からインストールされているアプリ(標準アプリ)の一部は削除することはできませんが、ホーム画面からアイコンのみ削除する(非表示にする)ことは可能です。

目次:
iPhoneでアプリを完全に削除する
アプリ内のデータを残してアプリ本体のみ削除する
ホーム画面からアプリのアイコンのみ削除する(非表示にする)

iPhoneでアプリを完全に削除する

iPhoneでアプリを削除すると、アプリに関連するすべてのデータも削除されます。

iPhoneのホーム画面で、削除したいアプリをロングタップ(一定時間タッチ)します。表示されるメニューから「Appを削除」をタップして「Appを削除」を選択します。

確認画面で「削除」をタップすると、アプリがiPhoneから削除されます。

iPhoneのホーム画面でアプリを削除する
1. アプリをロングタップして「Appを削除」をタップします
iPhoneでアプリの×アイコンをタップする
2. 「Appを削除」を選択します
iPhoneでアプリを削除する
3. 確認画面で「削除」をタップします

アプリ内のデータを残してアプリ本体のみ削除する

iPhoneでアプリを取り除くことで、アプリの書類とデータを残して、アプリを削除する(取り除く)ことができます。

取り除いたアプリのアイコンには"雲マーク"が表示され、ホーム画面上に残ります。データを元に戻したい場合は、アイコンをタップしてアプリを再インストールします。

iPhoneでアプリを取り除く方法について詳しくは「iPhoneで非使用のアプリを取り除いてストレージの空き容量を増やす」をご覧ください。

iPhoneでストレージの設定画面を表示する
1. 「設定」から「iPhoneストレージ」の設定画面を表示します
iPhoneでアプリを取り除く
2. 任意のアプリの「Appを取り除く」をタップします
iPhoneでアプリのデータと書類を保存して削除する
3. 書類とデータを保持してアプリを削除できます

ホーム画面からアプリのアイコンのみ削除する(非表示にする)

『iOS14』で追加された「Appライブラリ」にアプリを移動することで、アプリ本体とアプリ内データをiPhoneから削除せず、ホーム画面からアプリのアイコンのみを削除する(非表示にする)ことができます。

ホーム画面から移動したアプリは「Appライブラリ」画面から起動することが可能なほか、ホーム画面にアプリアイコンを戻すことも可能です。

iPhoneでアプリを削除せずにホーム画面のアイコンを非表示にする方法について詳しくは「iPhoneのホーム画面でアプリのアイコンを非表示にする」をご覧ください。

iPhoneでストレージの設定画面を表示する
1. アプリをロングタップして「Appを削除」を選択します
iPhoneでアプリを取り除く
2. 「Appライブラリへ移動」をタップします
iPhoneでアプリのデータと書類を保存して削除する
3. 「Appライブラリ」からアプリを起動できます

スポンサーリンク

iPhone 13/13 Proの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV