cc

iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneで「iOS11」で使えなくなる可能性のある(32ビット)アプリを調べる

スポンサーリンク

iPhoneで「iOS11」で使えなくなる可能性のある(32ビット)アプリを調べる

ここではiPhoneで「iOS11」で使えなくなる可能性のある(32ビット)アプリを調べる方法を紹介しています。

iPhoneにインストールしているアプリで、将来利用できなくなる可能性のあるアプリを調べます。2017年秋にリリース予定の「iOS11」のベータ版では、64ビット化されていない32ビットアプリは起動できなくなっており、アプリがアップデートされない場合は「iOS11」で使用できない可能性があります。

* アップルはアプリの64ビット化を推奨しており、2015年2月1日以降にApp Storeに登録されたアプリは64ビット化が必須となっています。

* iPhoneで32ビットアプリを一覧表示するには「iOS10.3.2以降」が必要です。

iPhoneにインストールされている32ビットアプリを一覧表示する

iOS10搭載のiPhoneでは、64ビット化されていない32ビットアプリを起動すると、警告メッセージが表示されます。iOS10搭載のiPhoneでは警告メッセージを閉じると、アプリが使用できます。

○○(アプリ名)はアップデートする必要があります

iPhoneにインストールされている32ビットアプリを一覧表示する

iPhoneの設定画面から32ビットアプリを一覧表示します。

1. iPhoneの「情報」設定画面を表示する

iPhoneのホーム画面で「設定」をタップします。一覧から「一般」を選択し、「情報」をタップします。

iPhoneで設定画面を表示する
1. 「設定」をタップします
iPhoneで設定から一般を選択する
2. 「一般」をタップします
iPhoneで情報の設定画面を表示する
3. 「情報」をタップします

2. iPhoneの「App互換性」画面で32ビットアプリを一覧表示する

情報画面から「App」をタップすることで、iPhoneにインストールされている32ビットアプリを一覧で表示できます。なお、アプリをタップするとApp Stroreのダウンロード画面を表示できます。

iPhoneの情報画面で「App」を選択する
1. 「App」をタップします
iPhoneの「App互換性」画面で32ビットアプリを一覧表示する
2. 32ビットアプリを一覧表示できます
iPhoneで32ビットアプリを一覧表示する
3. アプリをタップするとApp StoreのDL画面に移動します

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV