iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneでAirDropが利用できない場合の対処法

本ページ内には広告が含まれます

iPhoneでAirDropが利用できない場合の対処法

ここではiPhoneでAirDropが利用できない場合の対処法を紹介しています。

iPhoneでAirDropができない場合の対処法

iPhoneで利用できる「AirDrop」は、近くにいる相手のiPhoneやiPad、Macなどと写真やビデオ、メモ、Webサイト、連絡先などを送受信できる機能です。

iPhoneで「AirDrop」ができない場合、AirDropの受信設定や機能制限設定、BluetoothやWi-Fi、インターネット共有などの設定を確認します。

目次:
AirDropが「連絡先のみ」になっていないか確認する
Bluetooth/Wi-Fi/インターネット共有の設定を確認する
スクリーンタイム(機能制限)の設定を確認する

AirDropが「連絡先のみ」になっていないか確認する

受信側のAirDrop設定で「すべての人」を選択した場合も、10分経過すると自動的に「連絡先のみ」に変更となります。受信側のAirDrop設定が「連絡先のみ」となっている場合は「すべての人」に変更します。

* 受信側のiPhoneのAirDrop設定が「連絡先のみ」となっている場合、AirDropを利用するには送信側のApple IDのメールアドレス/携帯電話番号が受信側の連絡先に登録されている必要があります。

iPhoneでコントロールセンターからAirDropの設定画面を表示する
1. コントロールセンターから左上を長押しします
iPhoneでAirDropをタップする
2. 「AirDrop」をタップします
iPhoneのAirDropで「すべての人」を選択する
3. 「すべての人(10分間のみ)」を選択します

Bluetooth/Wi-Fi/インターネット共有の設定を確認する

iPhoneのコントロールセンターから「Bluetooth」「Wi-Fi」「インターネット共有」の設定を確認します。

iPhoneでAirDrop機能を利用するには、「Bluetooth」と「Wi-Fi」をオン、「インターネット共有」をオフにしておく必要があります。

■ Bluetooth

iPhoneでBluetoothをオンにする

■ Wi-Fi

iPhoneでWi-Fiをオンにする

■ インターネット共有

iPhoneでBluetoothをオンにする

スクリーンタイム(機能制限)の設定を確認する

iPhoneの"スクリーンタイム(機能制限)"でAirDrop機能を制限している場合は、制限を解除します。

1. iPhoneでスクリーンタイムの設定画面を表示する

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップします。「スクリーンタイム」から「コンテンツとプライバシーの制限」を選択します。

iPhoneで設定アイコンをタップする
1. 「設定」をタップします
スクリーンタイムを選択する
2. 「スクリーンタイム」を選択します
コンテンツとプライバシーの制限を選択する
3. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします

2. 「許可されたApp」でAirDropをオンにする

「許可されたApp」を選択し、AirDropが"オフ"になっている場合は"オン"にすることで、AirDropの制限を解除できます。

許可されたApp
1. 「許可されたApp」を選択します
iPhoneのスクリーンタイムでAirDropの使用を許可する
2. 「AirDrop」をオンにします
iPhoneでAirDropの制限を解除する
3. AirDropの制限が解除されます

【Kindleセール】人気マンガ最大99%OFF or 最大42%ポイント還元

 更新日時:2024/4/19 9:35


葬送のフリーレン(13)

¥583
24%ポイント還元

【推しの子】 14

¥732
24%ポイント還元

僕の心のヤバイやつ 10

¥528
42%ポイント還元

呪術廻戦 26

¥502
24%ポイント還元

彼女、お借りします(36)

¥550
24%ポイント還元

雷雷雷(2)

¥836
24%ポイント還元
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV