iPhone > iPhoneの使い方 > AirDropを利用してiPhone同士で動画・ビデオを無線で転送する

スポンサーリンク

AirDropを利用してiPhone同士で動画・ビデオを無線で転送する

ここではAirDropを利用してiPhone同士で動画・ビデオを無線で転送するを紹介しています。

iOS7以降を搭載したiPhone同士では、「AirDrop」機能を利用することで近くの相手に簡単に動画・ビデオを無線で転送することができます。

なお、iPhone同士で近くにいる相手と動画・ビデオを無線で転送するには、お互いがiOS7以降を搭載したiPhone 5以降のiPhoneを利用している必要があります。

お互いのiPhoneで「AirDrop」を有効にする

「AirDrop」で動画・ビデオを送受信するには、動画・ビデオを転送したい相手と、お互いのiPhoneで「AirDrop」機能を有効にする必要があります。

iPhoneの画面下部から上方向にフリックし、コントロールセンター内から「AirDrop」をタップします。iPhoneの「連絡先」に登録していない相手(端末)に動画・ビデオを転送したい場合は、「すべての人」を選択して「AirDrop」機能を有効にします。

iPhoneでコントロールセンターを表示する
1. 画面下部から上方向にフリックします
iPhoneでコントロールセンターからAirDropを有効にする
2. 「コントロールセンター」から「AirDrop」をタップします
iPhoneでAirDropの設定画面を表示する
3. 「すべての人」を選択します

iPhone同士で動画・ビデオを転送する

iPhoneで「AirDrop」機能を有効にしておくことで、近くにいる相手と簡単に動画・ビデオを送受信することができます。

送信側

iPhoneで「写真」アプリを起動し、転送したい動画・ビデオを選択・表示、画面下部の「アクション」アイコンをタップします。「タップしてAirDropで共有」欄に、「相手の名前」または「相手のiPhoneの名前」が表示されるので、選択した写真した相手をタップして選択します。

* 動画・ビデオを転送したい相手が画面上に表示されない場合、「相手のAirDrop機能がオンになっている」「相手のiPhoneがスリープになっていない」ことを確認します。

iPhoneで写真アプリを起動する
1. 「写真」アプリを起動します
iPhoneのAieDropで転送したい動画・ビデオを選択する
2. 転送したい動画を選択し、「アクション」アイコンをタップします
iPhoneのAirDropで動画・ビデオを転送したい相手を選択する
3. 転送したい相手を選択します

受信側

iPhoneのロック(スリープ)を解除しておきます。相手が動画・ビデオを転送すると、iPhoneの画面上にAirDropでの動画・ビデオの受信画面が表示されるので、「受け入れる」をタップします。

相手から転送された動画・ビデオは、「写真」アプリ内の「カメラロール」アルバム内などで確認できます。

iPhoneでAirDropで動画・ビデオを受け入れる
1. 「受け入れる」をタップします
iPhoneで写真アプリを起動する
2. 「写真」アプリを起動します
iPhoneの写真アプリでAirDropで受信した動画・ビデオを表示する
3. 「カメラロール」アルバムなどで受信した動画を確認できます

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV