iPad > iPadの基本情報 > 『iPad(第6世代)』と『iPad(第5世代)』の変更点と共通点

スポンサーリンク

『iPad(第6世代)』と『iPad(第5世代)』の変更点と共通点

2018年3月に発売された9.7インチディスプレイ搭載の「iPad(第6世代)」が発売されました。ここでは、2017年に発売された前モデルの「iPad(第5世代)」からの変更点と共通点をまとめています。

iPad(第6世代)でiPad(第5世代)から変更された点

iPad(第6世代)は「Apple Pencil」に対応

これまで「iPad Pro」専用だったアップル純正のスタイラスペン「Apple Pencil(別売り)」が、iPad(第6世代)では利用可能となっています。「Apple Pencil」本体のキャップを外して、iPad(第6世代)のLightningコネクタと接続することでペアリングや充電が可能です。

iPad(第6世代)は「Apple Pencil」対応

iPad(第6世代)の「ゴールド」カラーは色味が変更

iPad(第6世代)のカラー展開は「シルバー・スペースグレイ・ゴールド」とiPad(第5世代)と変更ありませんが、「ゴールド」カラーの色味が変更となっています(左が第6世代のiPad)。

iPad(第6世代)は「Apple Pencil」対応

iPad(第6世代)は「A10 Fusion」チップ搭載で処理速度が向上

iPad(第6世代)ではプロセッサに「A10 Fusion」が搭載されており、iPad(第5世代)の「A9」チップと比較してCUP性能が40%、グラフィック性能が50%向上しています。

iPad(第6世代)は処理速度が向上

iPad(第6世代)とiPad(第5世代)で同じ点

ディスプレイ/本体サイズ/重さ/容量はiPad(第5世代)と同じ

iPad(第6世代)のディスプレイ・本体サイズ・重量・ストレージ容量は、iPad(第5世代)から変更ありません。本体サイズがiPad(第5世代)と同じなので、ケースも共用可能となっています。

なおiPad(第5世代)の前モデル「iPad Air 2」に搭載されていた「フルラミネーションディスプレイ」と「反射防止コーティング」は、iPad(第6世代)でも引き続き非搭載となっています。

  iPad(第6世代) iPad(第5世代)
高さ 240mm
169.5mm
厚さ 7.5mm
重さ 469g(Wi-Fi)/478g(セルラー)
容量 32GB/128GB

カメラ性能は1080p HDビデオ撮影対応の800万画素

iPad(第6世代)のカメラは1080p HDビデオ撮影対応の800万画素、フロントカメラは720p HDビデオ撮影対応の120万画素とiPad(第5世代)と同じとなっています。

  iPad(第6世代) iPad(第5世代)
カメラ
(背面)
800万画素/1080p HDビデオ撮影
カメラ
(前面)
120万画素/720p HDビデオ撮影

価格は32GB(Wi-Fi)モデルの37,800円~

本体価格は32GB(Wi-Fi)モデルの37,800(税別)~とiPad(第5世代)と変更はありませんが、学生・教職員などの対象ユーザーは35,800円(税別)~となっています。

Apple Store

Wi-Fi版 iPad(第6世代) iPad(第5世代)
32GB 37,800円
128GB 48,800円
セルラー版 iPad(第6世代) iPad(第5世代)
32GB 52,800円
128GB 63,800円

* 価格は税別価格

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV