iPad > iPadの使い方 > iPadの「Safari」でWebページを更新(再読み込み)する

スポンサーリンク

iPadの「Safari」でWebページを更新(再読み込み)する

ここではiPadの「Safari」でWebページを更新(再読み込み)する方法を紹介しています。

iPadの「Safari」でWebページを更新する

iPadの「Safari」アプリで、表示しているWebページを最新の状態に更新(再読み込み)します。画面上の「更新」アイコンをタップすることで表示中のWebページを更新可能なほか、Webページを下に引っ張ることでも更新できます。

* 引っ張って更新は『iPadOS15』以降で利用可能です。

目次:
iPadの「Safari」でWebページを更新(再読み込み)する
Safariの画面を下に引っ張って更新(再読み込み)する

iPadの「Safari」でWebページを更新(再読み込み)する

iPadの「Safari」アプリで再読み込みしたいWebページを表示します。画面上部にある「更新」アイコンをタップすることで、表示中のWebページを再読み込みして最新の状態に更新することができます。

iPadのSafariでWebページを更新する
1. 「更新」アイコンをタップします
iPadのSafariでWebサイトを再読み込みする
2. Webページが最新の状態に更新されます

「更新」アイコンが非表示になっている場合

iPadのSafariでWebページをスクロールすると、画面上の「更新」アイコンなどが非表示になります。再表示したい場合は画面上部をタップすることで、「更新」アイコンなどを表示できます。

iPadでSafariで非表示になった更新アイコンを再表示する
1. 画面上部をタップします
iPadのSafariでWebページを最新の状態に更新する
2. 「更新」アイコンなどが表示されます

Safariの画面を下に引っ張って更新(再読み込み)する

『iPadOS15』以降を搭載したiPadの「Safari」では、Webページの上から下に引っ張ることでもを更新(再読み込み)することが可能となっています。

iPadのSafariでWebページを引っ張って最新の状態に更新する
1. Webページ上を下に引っ張ります
iPadのSafariでページを引っ張って更新する
2. Webページが最新の状態に更新されます

スポンサーリンク

iPad mini(第6世代)/iPad(第9世代)の予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV