iPad > iPadの使い方 > iPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更・設定する

スポンサーリンク

iPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更・設定する

ここではiPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更・設定する方法を紹介しています。

iPadのデフォルトのブラウザアプリは「Safari」となっていますが、Mozilla社が提供するアプリ「Firefox」に変更することができます。

iPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に設定することで、「メール」「メモ」「マップ」アプリや「Siri」でリンクをタップした場合などに「Firefox」で表示することができます。

* iPadでデフォルトブラウザを「Safari」以外に設定するには「iPadOS14」が必要です。

目次:
App Storeから「Firefox」アプリをダウンロードする
iPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更する

App Storeから「Firefox」アプリをダウンロードする

iPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更するには、App Storeから「Firefox」アプリをダウンロードする必要があります。

iPadのホーム画面より「App Store」を起動します。「Firefox」アプリのダウンロード画面から「入手」をタップして認証を行うことで、iPadに「Firefox」をインストールできます。

iPadのApp Storeから「Firefox」アプリをインストールする
1. 「App Store」をタップします
iPadのApp Storeで「Firefox」アプリをダウンロードする
2. 「Firefox」アプリのDL画面から「入手」をタップします

iPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更する

iPadのデフォルトブラウザを「Firefox」に変更することで、「メール」「メモ」「マップ」アプリや「Siri」でリンクをタップした場合などに「Firefox」で表示されます。

1. iPadの「設定」アプリから「Firefox」を選択する

iPadで「設定」アプリを起動します。「Firefox」から「デフォルトのブラウザApp」をタップします。

iPadで「Firefox」の設定画面を表示する
1. 「設定」をタップします
iPadで「Firefox」の設定画面から「デフォルトのブラウザApp」を選択する
2. 「Firefox」から「デフォルトのブラウザApp」をタップします

2. 「デフォルトのブラウザApp」で「Firefox」を選択する

「デフォルトのブラウザApp」画面で「Firefox」をタップすると、デフォルトブラウザに設定可能なアプリが一覧表示されます。

一覧から「Firefox」にチェックマークを付けることで、デフォルトのブラウザアプリを「Firefox」に変更できます。

iPadでデフォルトブラウザに設定可能なアプリが一覧表示される
1. デフォルトブラウザに設定可能なアプリ一覧から「Firefox」を選択します
iPadのデフォルトブラウザから「Firefox」にチェックする
2. 「Firefox」にチェックマークが付いたことを確認します

iPadのデフォルトブラウザが「Firefox」に設定される

iPadの「メール」「メモ」「マップ」アプリや「Siri」でリンクを開いた場合などに「Firefox」が起動・表示されるようになります。

なお、デフォルトブラウザを「Safari」に戻したい場合は、「設定」から「Firefox」を選択し、「デフォルトのブラウザApp」画面で「Safari」にチェックします。

iPadでリンクをタップすると「Firefoz」が起動する
1. Siriで検索してリンクをタップします
iPadのアプリでリンクをタップするとデフォルトブラウザアプリに設定した「Firefox」で表示される
2. 「Firefox」アプリで表示されます

スポンサーリンク

iPad(第8世代)の販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV